松本市M様邸 | 株式会社Reborn(リボーン)

松本市M様邸はなれ新築工事~そろそろ~

おはようございます、おおくぼです。

今日も花粉がひどそうな朝です。

 

さておととい行ってきた松本市M様邸。

 

IMG_3474玄関ドアの養生が外れ、照明も付いています!玄関ドアはM様によるDIY塗装(プラネットのダークブラウン)

 

 

 

 

IMG_3472中に入ってみると、床養生も外れほぼ仕上がりの状態です。床はナラの無垢フローリング(ウレタン塗装品)です。

 

 

 

 

IMG_3471ロフトへの梯子は、オオクボ製作してみました。お世話になっている大工さんに助言を頂いていますので、上り下りの際に倒れることはないのでご心配なく!(ちなみに杉のツーバイ材です。)

 

 

 

IMG_3469寝室には、M様ご希望の窓が追加されております。採光・通風と十分な空間になっていますね。

 

 

 

 

 

 

IMG_3476照明はすべて電球色で統一されていますので、やさしい雰囲気で部屋全体が包まれております。これもM様の雰囲気造りのセンスですね~。

 

 

 

 

もう一息です。

花粉に負けず今日もがんばりましょう!

おおくぼ

松本市M様邸はなれ新築工事~DIY塗装~

今日はいい天気でしたね~。

坂田木材さんでは、絶好の見学会日和だったのではないかと思うのですが結局行けず・・・

 

こんばんは、オオクボです。

 

 

私は、松本市M様邸へ!

 

IMG_3295現場に着くと、M様が朝早くから玄関ドアのDIY塗装中。塗料はプラネットカラーのダークブラウン。家全体が統一されてきました。(まだ塗り途中の様子です!!)

M様のつなぎスタイルがいいなといつも思うのですが・・・買っちゃうか!

 

 

 

 

 

私はと言と、北側のデッキの塗装です。

DSCF3765塗装前です。ACQ注入済みなので、ちょっと嫌な緑色をしていましたが、

 

 

 

 

 

IMG_3296塗装後がこちら。こちらもダークブラウンです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3301安定のダークブランと言えばいいでしょうか。色はしっかりと付くし、木目も綺麗に見えています。

 

 

 

 

 

 

やはり養生をするのが手間ですが、最後まで塗ると達成感がたまらないですね。

ぜひウッドデッキの塗装をお考えの方がいらっしゃいましたら、ご自身の手で、そしてプラネットカラーでDIY塗装チャレンジしてみてください。

☆RebornWebショップ【プラネットカラー】

おおくぼ

 

 

松本市M様邸はなれ新築工事~内装左官終了~

風も強く寒い1日ですが、プロ野球開幕!なにかと世間を騒がしている野球界ですが、選手の皆さんにはプロとして頑張ってもらいたい!私は一応巨人ファンです。

 

 

こんばんは、おおくぼです。

 

内装左官工事が終わりました、M様邸へ。

 

左官工事初日しか顔を出さなかったので、仕上がりがとても楽しみでした。

車中のでは、今までの風景を思い出しながら松本へ・・・

 

DSCF3215建て方時。もちろん構造体しかありません。大工さんと協力して人力のみでの建て方作業でした。雪もたくさん降っていましたね~。

 

 

 

 

IMG_2756そして、耐力壁が設置され家の形になってきた段階です。それでも柱や梁などは丸裸の状態です。

 

 

 

 

 

IMG_3088石膏ボードが貼られ、内装も段々部屋の形になってきました。もう文句を言わなければ住めます。笑

 

 

 

 

 

DSCF3939そして本日。内装工事完了です。左官や塗装、クロス工事すべてが終わりました。一人で「おぉ~~~!!」と感動してしまいました。巾木などの塗装だけだと大丈夫か?なんて思ったりしますが、仕上がると部屋全体が締まりますね。

 

 

 

 

DSCF3935今回の左官材は、ホタテ貝が原料の材料でした。吸湿性や脱臭性、そして自然素材の貝から出来ているので、人にも優しい!お施主様が壁は塗りがいい!と言うのもうなずけます。

 

 

 

 

左官屋さん、顔を出せず申し訳なかったのですがお施主様も仕上がりに大満足のご様子でした。私も圧倒されました!

あと少しで完成です!

最後まで気を引き締めていきます。

おおくぼ

 

松本市M様邸はなれ新築工事~プラネット塗装~

なかなか素直に春になってくれない長野市。まるで誰かさんのようです。

 

こんにちは、おおくぼです。

 

大工工事が完了した、松本市M様邸はなれ工事。

 

内部仕上げの段階となっています。

 

でもっと本日は塗装工事です。

塗料はRebornが代理店をしています、『プラネットカラー』シリーズ。

 

IMG_3148今回は、棚板(パイン集成材)をM様のご協力のもと塗装いたしました。スーパー助っ人のみーちゃんの刷毛さばきに圧倒されつつ10枚以上あった棚を塗りました。

 

 

 

 

 

IMG_3151父上には、仕上げの拭き取りをやっていただきました。拭き取ることで木の内部まで塗料が染み込み、刷毛跡も消せます。

 

 

 

 

IMG_3150完成です!メーカーに怒られそうな写真で申し訳ないです。疲れのせいか逆光に気づかなかったようです・・・

塗りつぶしタイプのマホガニーという色です。塗りつぶしですが拭き取ることでこのように木目が出ます。アンティークっぽい仕上がりになりましたよ!

 

 

 

そして番外編。

ご主人による母屋のデッキDIY塗装です。

DSC_0051まずは塗装前の風景を。特に柱ですが、黒い塗装が落ちているのがハッキリわかります。築4年が経ちだいぶ雨風に打たれてきたのでしょう。

 

 

 

 

IMG_3164そしてと塗装後がこちら☆ プラネット 半透明着色仕上げのダークブラウンです。実際はもう少し茶色なんですが、もともとの塗料と混ざって黒に近い仕上がりになりました。拭き取ることで艶も出てます。ご主人1日半ぐらいでの作業です。

 

 

 

 

IMG_3161ポーチの柱も黒光りするほど艶が出てます☆

 

 

 

 

 

そして、ベンチも塗装。

IMG_3152こちらは、半透明着色仕上げのウォルナットという色です。

 

 

 

 

 

もともとはデッキの床板と同じような色をしていましたが、しっかりと色が入りました。

IMG_3153でも不思議なことに角度を変えると色がちがいます。灰色っぽく見えます。

 

 

 

 

 

IMG_3154光の加減だと思いますが、不思議です。明日メーカーに聞いてみようと思います。

 

 

 

 

 

さて、DIY塗装。

ご自身でやると、塗料代のみ!あとは、時間とやる気次第です。

ですが、全て塗り終わったときにはもっと自分の家が好きになること間違いないでしょうね(v_v)!

 

M様、お手伝いありがとうございました!また塗装お疲れさまでした。

はなれのウッドデッキも是非一緒に塗りましょう!!笑

おおくぼ

松本市M様邸はなれ新築工事~木工事終了~

今シーズン最後の雪降りでしたね!と思いたい!!

やっぱり寒いときに仕事をするのは大変だな~と思う1日でした。

 

こんばんは、オオクボです。

 

松本市はなれ新築工事ですが、大工仕事が完了しました。

 

締めくくりはデッキ工事です。

「代理人が来ると天気が悪くなるな~」と、言われるのが私の仕事ですが

IMG_3095そんな中でも急増でこんな小屋を作ってしまうのが大工さんです。どれだけ効率よく、無駄な体力を使わないで工夫すところはさすがだな~と思います。

 

 

 

IMG_3096中を覗くと、こんな感じです。棟梁が束、土台、根太、床板(仮並べ)まで工事中です。

 

 

 

 

部屋の中では、デッキの手すりを作成中です。

IMG_3090縦桟の手すりは先に形を作って、床板まで設置できたら本体に合体させていきます。

 

 

 

 

IMG_3091手すり完成です。見た目を良くするために桟を均等に割り付けるところはしっかりと計算して施行していきます。細かい造作などを見ていると大工さんはセンスが大切ということも現場で見ている感じます。

 

 

 

IMG_3100棟梁はノミで床板の高さ調整をしています。大工さん仕事ぶりを見ているとなるほど~と言うことが沢山あるんですが、どれもちょっとした工夫があって見入っちゃうんですね。是非皆さんにも見せてあげたい!

 

 

 

 

雪降りでデッキ全貌写真が取れなかったので完成版は後日アップしま~す。

 

 

本日は雪降りの中、工事ありがとうございました。また2ヶ月間半人前の大久保にやさしく指導してくださりありがとうございました!!

また違う現場でお会いすることが出来たときには、もう少し成長した姿を見せられるように頑張っていきます!!

 

さあ、あと少しで本工事も終了です。

最後まで気を引き締めてがんばりましょう!

おおくぼ

 

松本市M様邸はなれ新築工事~外壁工事~

こんにちは、おおくぼです。

陽は当たってはいましたが、体に刺さるようね冷たい風がびゅーびゅーと吹き荒れる松本市梓川。

 

そんな中M様邸はなれ新築工事も外壁工事がスタートしております。

 

IMG_2942今回は、窯業系サイディング仕上がり。

 

 

 

 

 

IMG_2940木目調の縦張りです。

母屋は木仕上がりでしたが、現在は防火指定地域となっていしまい仕方なく・・・サイディングとなってしまいましたが、これはこれでカッコいいですよね!

 

 

IMG_2945そして破風板です。ちょっと幅広ですかね☆どーんと構える感じです!

 

 

 

 

 

 

IMG_2947プラネットカラーのダークブラウン(半透明仕上がり)を採用しました。プラネットカラーは拭き取り仕上がりですが、こすればこするほど艶が出るのか!?と思い気持ちを込めて拭き取りました。木目が綺麗に残り良い色になったのではと満足しています。

 

 

 

 

来週には外壁工事も完了して、内装も仕上がり工程に入っていきます。とうとう完成の日も近いですが、最後まで油断せず頑張ろう!!と思います。

職人のみなさん、引き続き宜しくお願いします。

 

おおくぼ

 

松本市M様邸はなれ新築工事~真っ白に~

明日から暖かくなるという天気予報。今日も腰には厳しくない暖かさで何事ともなく1日が終えようとしています。正直いつ来るのか?と不安におびえていたので本当によかった~

 

こんばんは、おおくぼです。

 

今日は、1日松本市内(点検→グリーンラック→M様邸)を駆け巡っていました。

 

M様邸新築工事も着々と進んでおります。

 

DSCF3408今週月曜日の外観。耐震ボードが雨に弱いのと、サッシがついていないためブルーシートを着飾っておりましたが、

 

 

 

 

 

 

IMG_2763今は化粧直しと言うことで、真っ白なお家になっております。

 

 

 

 

IMG_2764この白いものはタイベックシートと呼ばれるもので「透湿・防水シート」です。こいつが張られると外の大工工事もあと少しで終わりというところまで来ております。

 

IMG_0307

 

床下に潜るこの白いスーツもタイベックなんですよ。強度が強いので建築分野以外にも、化学防護服や農業用・工業用資材などにも使われている代物です。

 

 

 

 

IMG_2750サッシ(シャノンウィンドー)も取り付けられています。Rebornはシャノンみたいなところがありますが、この重みのある窓が最近癖になってきています。窓廻りには先張り防湿シート張られていてこの後の断熱工事と無事融合できそうです。

 

 

 

大工さんのスピードにおいてかれないよう、段取りうまくやっていかないとです!!

おおくぼ

松本市M様邸新築工事~大屋根・床断熱~

DSCF3417昨日は、長野建築士会が主催する「省エネセミナー」に行ってきました。

 

 

 

 

 

新住協の代表理事 鎌田先生と、西方設計の西方先生の講義だったのですが

私レベルでも聞ける易しい講義から始まりましたが、だんだんと内容が濃~~~くなってきて自分の勉強不足を痛感しました。

1番驚いたのは、「スウェーデンの壁断熱は400mmある」ですね。本当かい!?と思いましたが、まだまだ知らない世界があるんだな~と。

 

こんばんは、大久保です。

本日は、松本のM様邸へ。

 

DSCF3436昨日床断熱工事が終了して、大工さんが床合板を張っていました。

 

 

 

 

 

DSCF3437こちらは私より年下の大工さん。もちろんこの業界の先輩です。大工不足と世間では騒がれていますが、仕事ぶりを見ているととても頼もしいです!質問にも丁寧に答えてくれますしね。歳を重ねて棟梁になった姿を見てみたいものです。

 

 

 

 

DSCF3424屋根を登ると、板金屋さんが10m以上あるガルバリウム鋼板の施工中です。2寸勾配の屋根なので立平葺きという施工方法になります。

 

 

 

 

 

なぜ2寸勾配だと縦長になるかと言うと、勾配が緩いため横に屋根を葺くと水が下に流れていかず雨漏れの原因となるからです。

 

DSCF3429こんな長い板金同士をどうやってジョイントさせるのかと思っていたら、便利な道具があるんですね。

 

 

 

 

 

DSCF3430親方が遠くに行ってしまったのでわかりづらくなってしまいましたが、この道具を使うと、接合部をカシめる(固く留める)ことが出来ます。

 

 

 

 

DSCF3431この写真の手間に断面が写っていますが2枚の鋼板が逆L字に接合しているのが分かると思います。

 

 

 

 

 

他の職人さんたちも見ていると、いろいろな道具を持っています。意外とレアな工具もあったりするので、また出会いがあればご紹介したいと思います。

 

おおくぼ

 

松本市M様邸はなれ新築工事~大屋根~

陽は当たっているのに、気温は氷点下・・・こんなに寒いんですか?長野って∑o(*’o’*)o

 

 

こんばんは、おおくぼです。

 

土日月と天気が悪く、大雪にも注意なんて予報が全く外れた先週末。

その予報を信じて先週建て方が終えたM様邸は、今日大屋根の工事を行いました。まあ、予報が当たっていたら、雪かきから始まり最悪長野市に帰れないなんてこともあるので、良かったといえば良かったのですが、なんともねぇ~という感じでございます。

 

DSCF3370さてさてこの材料は垂木に使います。

 

 

 

 

 

 

DSCF3372垂木とは棟木(屋根の一番高い箇所にある材木)から軒桁まで取り付けられ、野地板を支えるための部材です。取り付けるとこんな感じです。今回は、タテに長く伸びる片流れの屋根(2寸勾配)です。

 

 

 

DSCF3375大工さんが水平器で柱の垂直を見ています。屋直しはしておりますが、垂木を打つ前の最終チェック!

 

 

 

 

 

DSCF3380垂木をかけ終えたら、鉄砲とかガンと呼ばれるエアー釘打ち機で野地板をばしばしと張って行きます。本当に刺さってるの?って思うぐらいガンガン打っていくので見ていると面白いんですね~、これが。

 

 

 

 

野地板後は、広小舞、破風・鼻隠し板を打って完了です。

 

DSCF3384長ーい屋根が出来ました!やっぱりオクボっちは片流れの屋根が好みっぽいですね。

 

 

 

 

 

明日は板金屋さんが屋根葺きです。私、初のガルバリウム鋼板仕上がり、またいろんなことを知れそうな現場で今後が楽しみです☆

 

おおくぼ

松本市M様邸はなれ新築工事~祝上棟~

本日は松本市M様邸はなれ新築工事の土台敷きの予定でしたが、

 

明日からの天候などを考慮して、急遽建て方工事まで行ってしまいました。

 

朝の松本市は、霧で前が・・・IMG_2630

霧が発生する条件は、昨日より気温が低い・そして無風だそうです。昨日の日中は温度が上がりましたが夜冷えて霧になったのでしょう。

 

 

 

 

 

DSCF3206さて現場では、大工さんが打ち合わせ中です。何度も言ってるかもしれませんが、大工さんの仕事ぶりを見ることが一番の勉強になります。

 

 

 

 

DSCF3207土台敷きはあっという間に終わり、午前中には柱まで建ってしまいました。天気も晴れて本日は最高の建て方日和でしたね。

 

 

 

 

ここから先は私も手伝っていたため、作業風景がなく残念なんですが

 

人力で梁・桁を持ち上げ、カケヤ(ハンマー)で打ってく。どんどんと小屋組みが完成していきます。

大工さんの作業風景を眺めながら片付けやちょこっとした手伝いをすることがたいていですが、今日は番付けを確認しながら「”はの一”(番付け)はどこだ~?」なんて言ってなんちゃって大工になれてとても楽しく勉強になった一日でした。

 

DSCF3218無事何事もなく、建て方終了です。

基礎だけだとやっぱり小さいのかな~なんて思いますが、いざ建つと大きく感じます☆(はやり建て方あるあるですね)

 

 

 

 

1月は2棟建て方が完了です。

段取り良く、監督業務に励みたいと思います。

 

M様、本日は上棟まことにおめでとうございます!!

おおくぼ