”オンデュリン”という屋根の可能性 | 株式会社Reborn(リボーン)

”オンデュリン”という屋根の可能性

いや~久しぶりに降りました。ようやく梅雨入りした感がありましたね。



そんな暗くてジト~っとした日は、やっぱりグリーンラックを造るに限るなぁ。

トタンの屋根を打ちつける雨音が、SBCラジオの音を打ち消し、あちらこちらで雨もりがするステキ♡な環境だぁ~!

集中、シュウチュウ!!

 

 



特注の特注なので、もうそれはすでにオーダーメードと言っていいでしょう。

ご存知薪小屋キットの「グリーンラック」ですが、

通常巾の3.64mを4.5にして!

しかも塗装なしで超高耐久のマイトレックACQ加圧注入材にして!

 

 

 



かつ、屋根も木じゃなくて、タキロンのような安っぽいのでもなくて・・・。

何かないの!しおはらちゃん!

というご希望に沿い、以前から気になっていた「オンデュリン」を採用。

 

 

 



これさぁ、もう1年くらい前に、とあるホームセンターで見て気になってたの、実は・・・。でも約1m×2mで¥1800よ!なんかあまりに安くて気が咎めてたんですよね。ちょっといろいろ情報を集めてからにしよっと、ッてなわけです。

 

 

 



素材としてはアスファルトを染み込ませた紙で出来てるから、アスファルトシングルの一種ですね。

けっこう大きなウェーブで、見ようによってはカッコいいよね。スレートみたいに見えるけど。要は見せ方だな。

 

 

 



そんでもって、専用のビスキャップを挟んで、ビスまたは釘で固定するってわけ。



 

 

パチンってキャップするのですね。へぇ~って感じだけど、日本人にはこんな発想できませんな。

そう、フランス製なんだって・・・。



100個で¥1000の袋に入って売ってました。

長野市だと、大型ホームセンターのムサシに売ってました。ムサシは有料ですが、配達もしてくれるので大変重宝してます。朝も7時からやってるしね。

 

 



グリーンラックはあくまでキットですからね。これは利用価値があろうというもの。これまでにもタキロンの屋根バージョンで結構作ってきたからね。

あ、これは知る人ぞ知る人の情報です。あまりおおっぴらにできません。

今度からオンデュリンをお勧めしていこうか、いやもう思い切ってモデルチェンジしちゃうか!?いやいや木の屋根もやっぱり素敵だ!

そうか、グリーンラック2を発売すればよいのだな、フムフム。

 

ふむ、といえば、このオンデュリン屋根、車が乗っても波がつぶれぇ、って写真がホームページに載ってたけど、ほんとなんかね?今度実験してみるべぇ。



床も頑丈パネルL1500を3連結!

ランバーテックさん、どもありがと!

明日出荷します。Sさんお待たせ!ごめんね!

 

 

※最近、「塩原君のブログは、表現がまじめすぎておもろーない」と言われたショックから、ちょっとポップなノリで書いてみましたが、どうなんでしょう・・・。僕はちょっと違和感あるなぁ(泣)

 


コメントは停止中です。