黒木納屋 | 株式会社Reborn(リボーン)

黒木納屋

NHK教育の水曜深夜やってる「ねほりんぱほりん」って番組、

見たことありますか?

YOUTUBE動画みてみる

 

昨日は忘年会で見逃しちまったんだけれども、久しぶりにウフフな番組だと思います。

全部人形劇仕立てなんですが、人形ってすごいね、ほんと。

トークを先に収録しておいて、あとで振りつけるんだと思いますが、

とても顔出しできるわけがないネタトークの雰囲気も手伝ってか、

なんかこう、人形をじぃ~っと見てしまう。そして知らず知らずのうちに二ヤついている自分がいるんです。

みなさんも一度ご覧あれ~^^

 

ところでRebornの木製物置=木っとハレルヤが、このところ急激に進化している件。

とどまることなく成長をしています!

Exif_JPEG_PICTUREモノトーン&ウッド

最近のトレンドではありますが、自由度の高い木っとハレルヤならではの配色。

今回はひさしを初試みで取り付けてみました。

 

Exif_JPEG_PICTURE中は無垢板無塗装です。

ここに棚やらフックやらでカスタマイズし、

整然と、かつワイルドに収納をしていただきたいと思います。

 

 

Exif_JPEG_PICTUREさらにニューアイテム、

「ガーデンゲート」。

デッキなんかでよく多用しているACQ加圧注入材で、木製の門扉をやらせていただきました。

両側に枕木(これもやっぱりACQ加圧注入材)を垂直に立て、幅1.2mの縦スリットのゲートを観音開き。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE固定方法や金物にまだまだ改良の余地がありそうですが、なかなかよい感じは?

いかにして垂れないよう、ひしゃげないようにするか?

相当に計画を練って作ったつもりです。

1年後、10年後が楽しみなアイテムだと思います。

 

Exif_JPEG_PICTURE数年間に設置したグリーンラックも、

かなりいい感じに風景に馴染んでいました。

「これこれ。この感じ。」

4年前に開発し、イメージしていたマキ小屋の理想は、ちょうどこんな感じでした。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

グリーンラックは、こんなふうに高さを変えて製造できます。

もちろん幅も変更できます。

そこにあるべくしてある、

その地にふさわしいあなたのオリジナルエクステリアに、リボーンをぜひお役立てください。

 

2016.12.8 Reborn塩原(毒なし)

 

 


コメントは停止中です。