緑のカーテンよりやっぱスダレでしょ! | 株式会社Reborn(リボーン)

緑のカーテンよりやっぱスダレでしょ!

信州は暑い日差しが照りつけています。鹿児島をはじめ毎日のように雨が降り続いている地方の方には申し訳ないくらいに晴天が続いています。みなさんのお住まいのところはいかがですか?

東日本大震災以降、節電の意識は確かに高まっています。ほんと、勝負の夏がやって参りましたね・・・。「緑のカーテン」と称してヘチマやら朝顔やらツル系の植物で陽射しを遮り、室内の温度が上昇しないようにする対策をみなさんもやっていますか?結構多くの方がさまざまな形で頑張っていますが、かなりの確率で「うまくいっていない」ようです。

水をやるのが大変で枯れてしまった!とか、思ったより成長しない!とか、風で飛んでしまった!とか、まあしょうがないやね・・・ということで中途半端になってしまってません?

はっきり申しましょう!緑のカーテンよりも、断然おすすめなのがひさし+すだれ



長野市Kさま邸の南面の窓です。樹脂サッシでガラスはもちろんLow-Eですが、カーテンをしていてもやはり夏は直射日光が入っちゃって、けっこう暑いんだよ~というご意見をいただき、だったらひさしを付けてそこにすだれを掛けましょ♪となったわけです。これが設置前の状況。窓面の影に注目。

午前9:00ごろです。2階の窓は比較的深い軒の出があるので、窓の半分ほどは陰っています。1階はほぼ全面に直射日光がさしています。

 

 



そしてこれがひさしを付けた状態。

既製品のひさしユニットなるものがトステム(現LIXIL)などで売ってはいますが、今回は大工さんにつくってもらいました。1間幅(1m80cm)で、壁からの水平出は450mm。材工共・2か所で¥80.000ナリィ~。ちなみに既製品のもので同じ程度の大きさのものは1台¥35.000程度です。見た目も味気ないのです・・・。

 

 

 



そしてステンレスのフックですだれを引掛けます。和風のつくりなので外観的にはバッチグゥ~!

足場の影でわかりにくいのですが、ひさし設置でだいぶ窓が陰ります。夏は太陽高度が高いので、ちょっとのひさしでけっこう窓が影になっちゃうんです。

冬は太陽高度が低くなるのでひさしがあっても、太陽光が室内に入ります。

 

 

 



南面を切り妻とした屋根の場合、できるだけ窓にはひさしを付けましょう!今回のように後付けも可能です。

成長までにけっこう大変な緑のカーテンよりもひさし+すだれに、断然軍配があがると思うのですが、みなさんいかがでしょうか?

 

 

 

 



また、夏といえば網戸ですね。張替えをすべく、長野市大豆島の「マメジマ」に持ち込んだら、わずか10分で青木さんに張り替えてもらえました。費用もたった¥3000くらいです。(持ち込みの場合)マメジマさんは、15年以上のお付き合いですが、良心的でとってもいい職人さんです。

 

 


コメントは停止中です。