築18年・ログハウスの腐朽 | 株式会社Reborn(リボーン)

築18年・ログハウスの腐朽

忍者の里、三重県は亀山市へ。

以前勤めていた会社でお世話になったT様宅を10年ぶりに訪問しました。

こちらはすでに杉花粉がすごい!ついに今シーズンも来てしまいました(*_*)

威風堂々のポストアンドビームです。

経年変化により、こげ茶に変色。

 

 

 

 

 

雨に濡れる箇所が腐っていました。

幸いまだ傷口は浅く、近いうちに腐っている部分にメスを入れ削除。今後ホウ酸で予防をしていこうと思います。

 

 

 

 

反対側も良くみると腐れがだいぶ進行してます。

わりきってベランダをなくしてしまおう、ということになりました。

 

 

 

 

デッキの一部には、シロアリの通り道(蟻道)も確認できました。

幸いデッキの床板までで、建物の土台までは入っていない様子。

今後注意深く観察が必要です。

 

 

 

ログハウスや木造在来工法で木部を外にあらわした工法では、とにかく軒の出が深いことがとても重要です。

ベランダに用いられている構造材である梁は特に注意が必要です。

取り替えは容易ではありません。今後も見守っていきたいと思います。

 

 


コメントは停止中です。