窓引っ込めない納め | 株式会社Reborn(リボーン)

窓引っ込めない納め

なんとなく梅雨明けを待つ今日この頃・・・。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日は海の日でしたが、高校野球の熱戦が繰り広げられており、

今年からPCまたはスマフォで中継がLIVEで見られるということで、

働くおじさんにとってはありがたくも、気になって気になってどうしようもないんです>_<

明日からまた球児たちには頑張ってもらうとして、本日は現場話を。

 

Exif_JPEG_PICTURE5月に上棟をした長野市三輪のT様邸へ久しぶりに。

工事は坂田木材(株)。さすがにモクモクしい雰囲気に包まれています(笑)

この蒸し暑さで大工のHさんもちょっとくたびれていました。

夏はこれからが本番です。

ぜひ早いところ2階の斜天井の断熱工事をやってしまって、

室内の作業環境を整えてあげてください、Sカントクさん!!

 

 

Exif_JPEG_PICTURE外壁の断熱工事は終了しており、これから壁・天井・床の

いわゆる仕上げ工事に入って参ります。

ここまでくれば、工事も折り返し地点。

日ごとに室内がお化粧されてゆきます。

 

 

Exif_JPEG_PICTURET様邸は、外壁に高性能グラスウール100㎜の付加断熱仕様です。

もちろん柱間には通常の120㎜グラスウールも充填。

壁に合計220㎜入ってます!

窓はAPW330ですが、窓に着目してみましょう^^

APW330はいわゆる樹脂サッシでペアガラスです。

もうご存知ですよね。

窓の内側は、坂田木材さんの建物には珍しいホワイトです。

いったい何があったんでしょうか(笑)

 

 

Exif_JPEG_PICTUREほっ、ほぉ~

デマド風になってます♪

10cm付加断熱して壁厚が増えた分だけ窓が外についており、

通常は12cm程の窓枠が20cmを超えているんです。

窓枠廻りも先張りシートにて気密・防湿が施されています。

 

Exif_JPEG_PICTURE窓をどのようにとっ付けるか?

 

キューワン住宅のように、厚い外壁断熱を行う場合、ここはけっこうミソになります。

特にサッシの重量が重いトリプルガラスの場合は、どうしても柱にサッシを付けたいところ。

そうするとサッシが外観上引っ込んでいる、ということになるんです。

ペアガラスならば、重量はまあまあ。

付加した壁に取りつけても補強さえ行っておけば、まず大丈夫だと思います。

問題はどう補強するのか、なんですが・・・。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE屋根断熱がまだ行われていない2階のさらに上のロフト空間は朝でもサウナ。

こっ、ここはやばいです!><

ダイエットをしたいと考えているおとーさんたちよ。

ここでフローリング張りを手伝えば、1週間で-3kgは約束できまっせ!

なになに?

あんたでしょ、って?

2017.7.18 Reborn塩原 (みずっぱら度70)

 


コメントは停止中です。