省エネ住宅ポイントがやばいことになってきた | 株式会社Reborn(リボーン)

省エネ住宅ポイントがやばいことになってきた

DSC_0050秋、真っ只中^^

青空とオレンジ色の柿、最高ですね!

ここ信州は平地でも紅葉が最盛期。

道路も落ち葉がひょろひょろと。

山口百恵の秋桜を口ずさみながら軽トラックを運転しています、塩原です。

今日はオクボっちが隣にいますが、ちょっと余裕がない感じです>_<

 

IMG_1987青空のもと、長野市松代町の I 様鄭が上棟を迎えました。

今年の長4月より設計打ち合わせをスタートし、設計が終了したのがお盆前。

既存宅の解体や外構工事(土止め擁壁)を経て約半年でここまできました。

施工は坂田木材さん(坂田木材さんHPのブログ記事)ですから当然長野県産材のひのきや赤松、杉が多用されています。

また長期優良住宅の認定を受けておりますので、耐震性や耐久性もばっちりです。

I さま、おめでとうございます(^_^)/

引き続き工事は続き、来春にはめでたく入居できることでしょう。

楽しみに、足しげく現場に通ってくださいね^^

 

 

南西外観南西外観南東外観【仕様・スペック】

□木造軸組み工法2階建て 延床面積106.41㎡(32.25坪)

・屋根:ディプロマット(砂粒付ジンカリウム鋼板)←雪を落としたくない、かつ再塗装を要しない

・軒裏:杉無垢の羽目板←木の家らしく

・外壁:2階=ドイツしっくい左官仕上げ 1階=木調の窯業系サイディング

・窓:樹脂サッシYKKAP APW330 アルゴンガス入りLOW-Eペアガラス

・断熱材:セルローズファイバー

・外皮性能 Ua値=0.51 W/ ㎡K  (Q値=1.62)

・年間暖房エネルギー消費量(QPEX計算値) 725㍑(約72000円/年)  床面積1㎡あたり6.4㍑

 

 

IMG_1969松代市街地より千曲方面に抜けるあの街道沿いなので、結構目立ってますよ~大工さん!

このあたりは、城下町特有の南北に細長い土地が多く、屋根向きや採光性、それに土地の奥への通路を確保するため間取りのコンパクト化など、けっこう設計は難しいんです。

100点満点、とは言えませんが90点くらいはもらえそうないいプランと構造設計ができたのではないかと自負しております。

 

 

 

 

ところで「省エネ住宅ポイント」の件。

省エネ建材に認められたサッシや断熱材を用いることで、新築の場合30万ポイントが建築主に支給される制度が今年初頭から始まりました。

Rebornでも3件ほどの申請を済ませました。ずいぶん予算がたっぷりある雰囲気でしたので、

「工事が終わってから申請すればいいや」なんて思っていましたが、ここにきてすでに全体の85%を消化。ものすごい勢いで駆け込み殺到中!残りの予算枠は15%だと!

もうびっくりです!同じ思いをしている建築士や工務店の現場監督さんも多いはず。

今月中に100%になってしまう可能性すらあるのでは!?

 


コメントは停止中です。