毎日、るんるん♪ | 株式会社Reborn(リボーン)

毎日、るんるん♪

6月になりました。コロモガエですね^^

梅雨を前に天候がコロコロ変わり、気温もアップダウン((+_+))

みなさん体調管理にお気を付けくださいませ~☆

 

DSCF3816Rebornのリボーン工事(=劇的リフォーム、という意味を込めて)@長野市篠ノ井が終了いたしました^^

こちら、工事前のキッチンの様子。

必要なところに必要なものがちゃんとあるといえばあるのですが・・・。

パッと見はごちゃごちゃしてるように見えますが、意外とそうでもありません。

ただ「もっとスマートに収納したい」、「流し台の高さが低すぎ」、「お嫁さんが使いずらい」などの改善要望が。

また、この写真は電気をつけた状態なのですが、昼間でも暗く、朝から電気をつけるのが常でした。

 

DSCF3815食器や各種家電、買い置き品などが所せましと台所に集まり、

張り紙、ごみ袋、TV、その他もろもろ、

「リフォームをする前に、片づけられんのかな~」が、私の正直な想い。

「大丈夫!家族総出で、ゴールデンウィーク返上して片付ける!」

リフォームも新築も、ある意味、自分を含め家族全員の身の回りの品々をすっきりダイエットするいい機会になります。

 

DSCF3821一方「もったいない」、「物があることが裕福であることの証」みたいな価値観もあります。

戦後、物が全くない中から、この今の近代日本を作り上げてきた団塊の世代には脱帽ですが、2世帯3世代で共にくらしてゆくという局面になることを考えると、団塊ジュニアはやっぱりこの状態は抵抗があるということ。

”寒い・暗い・雑然”の”台所からの脱却。

「こんな風になるなんて、びっくりね~♪」

とは工事終了時のお母さまの第一声でした。

 

DSCF5014耐震上有効な手立てとして、構造用合板をリフォームする内壁に全面張り込む、という手法をとりました。

ある意味この部屋(台所とそれにつづく居間)が固い箱になり、建物全体の揺れを抑止する核となります。

床・壁・天井、6面を固くすることが狙いです。

断熱もぬかりなく行いました。

いつもの高性能グラスウール16Kです。床=140㎜マット品充填、壁=120㎜マット品充填、天井=グラスウール300mm厚ブローイングします。

防湿シートも全面に張り込み、気密性をあげました。キッチンのレンジフードを常時換気機能ありのものに。

 

DSCF5028これで、冷暖房はエアコンでいけると踏みました。

しかし残念ながら、他の部屋との温度差は解決できません。

気候が穏やかなこの時期は、その断熱性能の高さは実感できませんが、

今年の冬になって初めて、「しおはらさんの言っていたことはほうとうだった」と気付いてもらえるに違いいありません。

そしてさらに、いつか大きな地震がこの建物を襲ったとき、「あ~、耐震やっといてよかったっ!」と思っていただけるはずです。

 

DSCF5103床面は断熱の上に、粗床(あらゆか)と呼ばれる構造用合板を貼り、継ぎ目には気密テープを貼ります。

粗床の上に、フローリングを貼っている様子です。

無垢のフローリングは1枚1枚その木目や色など表情がことなるわけですが、あとでパズルのように組み替えることは当然できませんから、100%大工頼み!彼らのセンスがここで問われます。

無垢の木を使う家が減ってきてしまった現代の家づくり。

品質が安定し、供給も安定し、効率、生産性、価格どれをとっても無垢製品は、工業生産品にはかないません。

 

DSCF5125私たちは、それとはまったく逆の方向を向いて仕事しているわけですが、そういうのを分かってくれる人もいるんですね~。

ばぁ~とクロスなら二人で1日あれば終わっちゃう部屋でも、無垢板(今回はひのき)を貼れば4倍はゆうに時間がかかります。

それでも最後のリフォームとあらば、

「全部ひのきにしちゃって!」もうなずけます。

「わかった!」と2つ返事で宮澤大工・酒井大工も快く引き受けてくれました^^

 

DSC_0001そんなこんなで約3週間。

おおきなトラブルもなく無事工事が終了し、Mさんにぼちぼち物をしまってもらっています^^

「収納にまだ余裕がある」

「明るくて昼間でも電気つけなくていい」

「脱衣室へと繋がる動線変更は正解だった」

「娘にうらやましがられる~☆」

 

DSC_0017白基調のすっきりとした(?)イメージに。

コンロは内装を板張りにしたかったために(?)3連IHクッキングヒーターに。

”毎日、るんるん。”

それがRebornのスローガンでもあります。

耐震・断熱を前提としつつ、水回り更新(キッチン)、内装や明るさ、動線変更まで、包括的に行うリフォーム。

それこそがRebornの目指しているリフォームなのです。

 

 


コメントは停止中です。