木の物置。さらに燕と蛇。 | 株式会社Reborn(リボーン)

木の物置。さらに燕と蛇。

IMG_E4678「束の間」にならないことを願います!

ふんばれ東京!!

 

信州は薔薇がよい季節を迎えています^^

北安曇郡池田町、OBであるH様邸の敷地にまた一つ仲間が加わりましたよー(喜)

残雪が残る北アルプスをのぞむいいところです。

東京に暮らす方々、いずれ落ち着いたら移住しませんか?

池田町、おすすめします。

 

IMG_4682想像以上に大きかったのではないでしょうか。

ちゃんと建築確認申請も提出したんですよー。

家庭菜園用の農機具・トラクターを仕舞っておく納屋です。

軒の出はしっかり確保。

屋根にもディプロマットを葺いていますから、相当長持ちすると思います。

 

IMG_4734内側シャッターの内部は構造用合板あらわし。

耐力壁兼用の内壁です。

小さくてもちゃんと構造計算しているんです。

DIY塗装は果たして何色で?

カスタマイズが楽しい木の物置の完成です(^^)/

設計はわたくしがやりましたが、材料や職人の手配のすべてを、オールドルーキー笠井クンが担当しました。

そつなくこなすその姿、カッコイイぞ!カサイクン!

 

IMG_4742外壁は最近人気急上昇中のすぎ板にACQ加圧注入材を。

銅の成分がはいっているんでしたね。

なんとも独特の色合いが意外にもウケています。この色に歩調を合わせたかのように、軒天パインおよび破風にタンネングリーンが採用!

柱・梁の構造体はクリア塗装という、なかなか達人的なカラーコーデっす。

 

IMG_4725それもそのはず、

Hさんにはこれまで、たくさんの建物をご依頼いただいています。

ポスト&ビームの居宅はもとより、

川にありそうな石張りアクセントが印象的な片流れのガレージ(約9年前に新築)、

Rebornのオリジナル物置=木っとハレルヤもご採用いただいております。

 

 

IMG_4702薔薇が目を引くきれいに整備された外構。

最近は家族で家庭菜園をたのしんでいるとのことで、

さまざまな野菜がぐんぐん太陽に向かって伸びていってます( ^)o(^ )

あー、絵にかいたようなログ人生だなぁ。

僕もこういう生活がしたかった・・・

「北の国から」をTVでみて、いつかログハウスに暮らすためにこの業界に就職したのだけれど、誰かのためにつくるばかりです。

 

IMG_4687まあ、それはそれでよいではないか。

と自分に言い聞かせ、北アルプスを眺めながら帰途についた先週末。

 

思い通りにゆくことと、思い通りにゆかないことがある

そんな当たり前の事実を受け入れれば、少し楽にいきてゆけるのかも。

 

IMG_4792おまけの写真。

軒下やバルコニーの下にツバメの巣がつくられて頭を悩ませる方々に朗報!

なんとフェイクのヘビが効果テキメン、らしい。

これはいいこと聞いたぞ。

数々のOBの顔が思い浮かんだ。

2020.6.2 Reborn塩原


コメントは停止中です。