木っとハレルヤ奮闘記 | 株式会社Reborn(リボーン)

木っとハレルヤ奮闘記

長野は暖かい日が続いておりますね~。今日も25℃ぐらいにはなったのでしょうか。

外で活動していると自然と汗ばむ陽気の下、木製物置木っとハレルヤの仮組作業を行いました。

 

一昨日、昨日と材料を寸法通りにカットして、各パネル(床・壁・屋根)を作ってからの仮組みでした。(相変わらず仕事は早くなりません・・・(´_`。))

 

今回は、KH18218の物置(畳2帖分)です。

__ 3 (2)床、壁まではなんとか組み上げ、

 

 

 

 

 

__ 1重たい屋根(ACQ注入していないので大袈裟ですが)も一人で載っけていきます。

 

 

 

 

 

__ 3 (4)屋根と壁をビスでとめていくのですが、この角度のインパクトはまだまだ難しいですね。丁寧に慎重にやっています。

 

 

 

 

そしていつもお助けを頂いている、大工の高浪さん!道具の使い方や、木の性質などなど、優しくご指導いただいてます。(息子さんは僕と同じ年らしいです。笑)

__ 3 (3)屋根と壁がうまく結合できなく困り果てたおおくぼとちょこちょこっと修正している高浪さんです。困った場面での対応策がいろいろあって、臨機応変にどの方法がベストなのかを考えるのが早いんですよね。おおくぼはまずその方法を経験している最中です。

 

 

__ 2仮組みも完了です!このサイズだと大きいですね~。寝ようと思えばぜんぜん寝れちゃいますよ(★´-ω-).。

 

 

 

 

おおくぼ

 

 


コメントは停止中です。