応急危険度判定士 | 株式会社Reborn(リボーン)

応急危険度判定士

Exif_JPEG_PICTURE巨大地震が起こると、相当数の家屋倒壊や破損が起こります。

しばらくは余震が続くのが常ですから、

荷物を取りにもう一度自宅に戻ったり、

全壊を免れようと、応急的に突っ張り棒をしたりと、

被災地は混迷します。

応急危険度判定士は現場を速やかに観察・計測し、

立ち入り禁止

要注意、

安全

 

を確認し建物を区分けすることで、

2次被害の拡大を防ぐことを目的としています。

 

今年も「小学生の将来なりたいもの」の中に建築士はありませんでした。大工(職人)はトップ10圏内に・・・(´;ω;`)ウゥゥ

残念ですね。

今の世の中にあって、建築士はけっこう重要な役割を負っていると自負しています。

建物の耐震性能のことや、

省エネ性能、利便性、景観性、

つくるのは確かに職人たちですが、どういうものをつくるのか決めるのは設計ですから。

だから、大規模地震の時には、現場に真っ先に駆けつけなくてはならない。

社会貢献の一環として登録いたしました。

今年から5年間、召集が掛かれば参上いたします!

Exif_JPEG_PICTURE家の倒壊を防ぐのは、おもに壁や柱です。

この写真は新築のもので、木造軸組み工法、といいます。

別名、在来工法とも。

これらの柱が折れたり、曲がったり、所定の位置からずれることによって家は壊れます。

震度4程度の地震が来ただけで、

「うわぁぁぁ、4でこんなに揺れるんだから、7はすさまじい。

あの揺れに耐えるよう造んなきゃいけないのって、けっこう大変だよなぁ」

と感じてしまう自分がいます。

 

Exif_JPEG_PICTURE近年では、床も強くすると建物強度が強くなるということで、

このあたり、これまでは建築士があまり踏み込まないのが常でしたが、

ここはこうして、というような指示が図面で出てくるようになりました。

2階床根太落とし込み+構造用合板12㎜貼り。

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE2階の小屋組みも通常は火打ち梁を入れますが、

根太落とし込み+構造用合板12mm打ち、で天井面を強くしています。

世の中にはいろいろな工法があるのですが、

実験して強度が確認されているものでないと、世の中には通用しません。

このほうが強いから、といって勝手なやり方ではできないことになっています。

写真は千曲市桜堂 S様邸

 

 

 

Exif_JPEG_PICTUREこういった、斜めの天井部分も建物強度にカウントすることができます。

垂木(たるき)という骨材を50cm以内の間隔でならべ、固定し、

これまたやはり構造用合板12㎜を50mmの長さの釘を15cmピッチで打ち付ける。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE玄関のポーチの屋根を見上げています。

ちょっとした屋根でも、ちゃんと構造的に意味を持たせることによって、

建物全体の強度は上がってゆきます。

もしも大工さんが、「ここに筋交いがあったほうがいいのではないか」

ということで図面にない筋交いを入れようとしたら、制止してください。

建物全体のバランスも考慮されているので、必ずしも安全側にはなりません。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE建て方後2週間、この状態。

 

構造体とそれを支える耐力面材や筋交い。

在来工法には構造美が宿っていると感じます。

倒壊する建物は、倒壊するだけの理由が必ずあります。

 

2017.4.6 Reborn 塩原(毒度5.5)

 

 


コメントは停止中です。