建築主OBのKさん、大賞を受賞!! | 株式会社Reborn(リボーン)

建築主OBのKさん、大賞を受賞!!

長野市の雪は、幸いにも夕方には降り止みました。湿った重い雪でしたが、前回の成人の日大雪の反省から、タイヤチェーンを購入して今日を迎えましたが、使用することなく、安曇野市を高速道路で往復しました。

私は、車の運転中、先々のいろいろなことを考えたり、過去を振り返ります。

一昨年の3月、私が勤めていた会社が倒産しました。もうすぐ2年になるのだなぁ。

あのとき、精神的にも、経済的にも、本当にどん底でした。やり場のない怒りと、逃げ場のない誹謗中傷を浴びつづけ、「わが人生これで終わった」、とさえ感じていました。

その後、倒産当時に建築中であったKさんからお声掛けをいただき、「つづきの工事を、ぜひ塩原さんにお願いしたい。どうしてもあんたじゃなきゃだめ。」というありがたいお言葉をいただき、再びこの世界に戻れるきっかけをいただきました。

倒産後の残工事は、当然予算がない。なにせKさんも多額の債権者でしたから。

この現場に関わっていた関係業者(当然債権者)に工事続行希望の旨を伝え、破格の工事金額で請け負ってもらい、DIYで出来そうな作業は、できるだけKさんに手を動かしていただき、私もできる限りのサポートをさせていただきました。



Kさんは、私の父親と同い年です。

私にも、実の息子のように接してくれます。

愚痴も希望も二人で言い合いました。

幸い、4か月後には、無事完成をさせることができました。

 

 

そしてその想いをKさんが、とあるコンテストに応募したところ、なんと3487通の頂点であるゴールデン大賞を受賞したと、先日、嬉しいお知らせをいただきました。捨てる神ありゃ、拾う神ありです。私たちの壮絶な想い、私たちがやってきたことが認められたような気持がして、もう何十回も眺めました。

http://goldentime.jp/

 

「試練から金の輝きへ」、こんなことが起こるんだなぁ、と、ぼんやり考えながら帰路につきました。



遠い昔の出来事のようにも感じますが、ついこの間の出来事のような気もします。

今では、「人生これから!」、と思えるからなお嬉しい。

 

 

 

 


コメントは停止中です。