岐阜県高山市O様邸10年点検 | 株式会社Reborn(リボーン)

岐阜県高山市O様邸10年点検

昨晩は13℃まで冷え込んだという、岐阜県は高山市荘川(しょうかわ)に行ってきました!

高山市に合併されたのはつい最近で、以前は荘川村という村でした。

実はここ本州で最も寒い場所といわれており、-20℃を連発する場所です。過去の最低気温ランキングにも名を連ねている、知る人ぞ知る超がつく極寒地。

しかも雪もそこそこ降るのです>_<

建築業者にとっては、ちょっと気を引き締めないと後にいろんな弊害・障害が出るから気を付けないと、少し身構えてしまう場所なのであります。

 

ここでも昨年、一昨年はマイマイガが大量発生し、白樺の木をはじめ、木々の葉が軒並み食われたそうで、どんぐりの実は育たず、ついに野生の動物たちが続々と餓死したそうです。

猟師の話では、ガリガリにやせ細った熊を発見し、その悲哀な姿におもわず銃口を下げたそうな・・・( ノД`)シクシク…

 

マイマイガは長野県でも相当話題にもなり、私もあちこちでその被害状況を見ましたが、ほんとうにあれは恐ろしい・・・。

個人的にはあの羽についた鱗粉というんでしょうか、羽ばたくときにまき散らす粉は、想像しただけでやばいんです( ゚Д゚)

 

DSCF7480松本ICまで南下。安房峠トンネルを経由して片道3時間の道のり。Oさんとはとは3年ぶりの再会でした。

すでに都会は夏休みに入ったのでしょうか?

上高地へ向かう自家用車、バスがけっこうでしたね。

峠付近の外気温はお昼頃で24℃。窓を開けて走るとちょっと寒いくらいです。

 

 

DSCF7396大自然の中にあって、やっぱり映えるポスト&ビーム。

外構はすべてOさんによるDIY。

流石です^^

10年経って味わいを増す、というのはとってもいいですね。

これぞ木造の家、手作り家の特徴です。

ここではまだ初夏といった感じです。

短い夏です。

 

DSCF7399基礎工事が難航したのを憶えています。

掘れば掘るほど、こんな石がガラガラと出てきます。

そしてついに掘り出せない石もいくつかありました。

そんな石を1つ1つOさん自身の手で積み上げたという石垣。

恐れ入りました。

木の棒=テコを使って少しずつ石を動かして所定の位置まで。

おも~い石は1時間で50cmくらいしか動かせなかったこともあった、なんて笑いながら話してくれました。

 

DSCF7420暖房はもちろんマキストーブ。

原木を森林組合から購入して自ら玉切り(チェーンソー)。

マキ割り機を使わず、すべて斧で手割りだそうです。

マキラックも当然DIY。

「割ることよりも運ぶことがたいへん」

そうなんです。

マキは運ぶのが難儀なんですね~^^

これからマキストーブを導入する方は、こことっても大事なところですからよぉく覚えておいてください。

 

DSCF7430マキラックが完全に建築デザインになっていますね。

 

DSCF7405建物との間もちゃんとあけてあります!

3年前の点検時は隙間がなく、床下への通風障害になってしまっていました。

床下でカビが発生。そのことを指摘させていただき、翌年から改善。

聞く耳をもっているのもOさんのすごいところ。

 

DSCF7419豪雪地である故、屋根に雨樋を付けていません。

実は、雨樋がないと、建物の外観はすごくすっきりします。軒先もそうですが、あの縦に落とすパイプ。

あれは何とも無粋です。

まぁ、あれしか方法がないといえばないですが・・・。

雨といを付けず、地面にそのまま雨を落としています。こちら、しぶき除けの板。

こうすればなんてことない。このズクも見習うべき。

 

DSCF7453かがむのがたいへんだということで作ったというガーデンシンク。

こういうのもぱぱっとできてしまうのですから、たいしたものです。

しかも取り外しができるそうで、冬は雪に埋もれてしまうので別の場所に移して保管しているというから驚きです。

 

DSCF7446玄関へのアプローチは3年前はまだ工事途中でしたが、もうすっかりできていました^^

高低差をうまく利用していると思います。

 

DSCF7444人の力ってすごいですね^^

私たち業者はすぐに重機はどうするとか、枕木はどこから買うだとか、といった向きの話になりますが、なにもなくても手と足と頭があればここまでできるのです。

DSCF7401パーゴラ+テントシートのデッキリビング。

インテリアでもエクステリアでもない。その中間に位置するこの間は何て呼べばいいのでしょうか?

新しい空間の意を込めて、ネクステリアと呼ぼうと思います。

 

DSCF7414DSCF7391DSCF7442いつか私も絶対にログハウスに住んでみたい!

この業界に入った原点がそこにあります。

2016.7.19 Rebornしおはら

 


コメントは停止中です。