屋根裏にひそむ恐怖 | 株式会社Reborn(リボーン)

屋根裏にひそむ恐怖

冬を前に、あちらこちらの現場調査や現場確認に走り回っています。

現場の状況の報告メールなどを通じて、

「塩原君はいったいいつ寝ているのか_?」としばしば御心配いただきます。メールを送っている時間がどうしても深夜になってしまいますが、意外と朝はゆっくりさせていただいておりますのでご心配なく。



 

紅葉が進む秋の戸隠。

 

 

 

 

 



 

黒アリでしょうか。

やられています。

早く手術しないと雪が降ってくる・・・。

 

 

 



 

蓼科の別荘。

レンガ調タイル貼りの煙突に重大な欠陥が。

 

 

 

 



 

このあたりがあやしい・・・。パッと見わかりませんが、屋根上の雨水が10年以上にわたり煙突内部に浸水。煙突そのものを構成している木材がかなり腐朽しており危険です。

 

 



 

軽井沢断熱改修工事。

誠に見栄えのよいウェスタンレッドシーダー天井板の向こう側にあるお粗末な断熱材。やむなく剥ぎ取り、断熱材総入れ替えの後、新たなレッドシーダー板に張り替え。切ない仕事。

 

 



 

同物件の屋根裏断熱材の修正工事には珍客が。

こわくて近づけない・・・。

でもこのままにはできないし・・・。

床下にはデカいアリ塚がごろごろあるし・・・。

 



 

何食べて生きてんだろ?

ヘビは縁起がいいというけれどホントかい?

どうやって捕まえる?

 

 

 



 

屋根裏に断熱材が梱包状態のまま置いてありました。

哀しい・・・。

あ、念のため言っておきますが、ここまでの写真、私が建てた家ではありませんので。

 

 

総じて言えるのは、普段見えないところに、いろんな恐怖が潜んでいるということ。

中古物件を購入しようかどうか考えている方、どうしてか分らんがとにかく暖房が効かない家、

うちは大丈夫なんだろうかと不安に駆られた方、住宅に欠陥や問題があるのだけれどメーカーや工務店の対応に納得できない方、まずはご連絡ください。実費交通費のみで診断させていただきます。


コメントは停止中です。