カントリー風の家具をつくってみる | 株式会社Reborn(リボーン)

カントリー風の家具をつくってみる

ひさしぶりに家具を作ってほしいと、お話をいただきました。割とラフな感じで、カントリー風だったので、「ガッテン」ということで、本日製造しました。お客さんのイメージはこんな感じ。



とある雑貨店に陳列棚として使われていたんですって。巾は80cmくらいでしょうか。39000円くらいするらしいです。「もっと安く!」というリクエストを受け、半額程度でのご提供を目指します。自宅の屋根付き駐車場が作業場です。

 

 



まずはフレームづくりからです。本格的にホゾを作るまではしませんでした。カット&ビス止めです。巾も1.6mくらいにしています。このままだと車に積めないので、3つのフレームをまず作り、組み合わせています。ここまでで2時間くらいかかっちゃってます。

 

 

 

 



 

棚板を作りました。パインの12㎜厚の羽目板にしました。カントリー風の基本はパインですな。

ここまで作って昼食です。

 

 



今日は長野市も午後から陽射しが・・・。太陽よありがとう!気温は3℃くらいでしたが、ぽかぽかしてきました。ご近所の散歩人や、買い物に行く主婦にチラ見されながら次は塗装です。日の当たるところに陣どりました。

 

 



塗料は水性の5分ツヤのホワイト。木具にはオイル系の塗料が主流ですが、特にカントリー風で、手作り感を出したいときには、私は好んで水性塗料を使っています。乾きが早く、ムラも出やすいのですが、それがかえっていいんですよねぇ・・。

 

 



棚板も塗装が終わりました。これで終了。15時ごろだったから約5時間くらいでしょうか。大工的動きが3時間、塗装で1.5時間、その他近所の方とのおしゃべり30分、ってとこでしょうか。

 

 

ちなみに私は日ごろから地元のAMラジオ=SBCを聞いてます。ズクだせ→あららまで通しで聞けましたよ。ワンフレーズ選手権に出てみたいと、秘かに企んでいます。

少し時間がありましたので、端材を利用して、先日頼まれた、「神棚に猫が入り込まない柵」をつくりました。Kさん、またお邪魔しますね~。



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

こちらその犯人でございます。

 

 

 

 

 


コメントは停止中です。