土台交換完了・自然エネセミナー | 株式会社Reborn(リボーン)

土台交換完了・自然エネセミナー

昨日はまず信濃町へ。寒いこと寒いこと・・・。ジャンパー着ちゃいました。これで着納めでしょうね。土台が腐ってしまった案件は先日もお伝えしましたが、ようやく大手術が終わり、チェックと塗装をして、一件落着となりました。



土台は全摘出し、新たに角材を挿入し、ケミカルアンカーにてアンカーボルト止め、通し柱には添え柱を壁の中に仕込み、ホールダウン金物を設置してあります。

土台は再発のリスクを最小限に抑えるため、ガルバリウム鋼板板金で囲っています。

 



通し柱の下部です。幸い腐れは深部まで到達しておらず、最低限での摘出となりました。念のため、ホウ酸水溶液で消毒してあります。

 

 

 

 

 

 



塗装も終わり、すべての作業が終了しました。ちなみにこの面の外壁(米杉のラフ仕上げ)を一度全部はがし、再利用を試みましたが、数枚は割れたりして使えなかったので、新規で張り替えた部分もあります。このお宅は築後約15年ですが、これまで再塗装はしておりません。同じ素材で同じ塗装を施しましたが、これだけ変わるんだな~という想いです。古びた板の方が味わいがあって、木の外壁はいいもんだぁ~と、改めて感じました。

 



タングラム斑尾にある、ペンションカンタベリーさん、ペットも一緒に泊まれますよ~。みなさんいかがですか~?

ハッキリ言って、空気が濃い!

 

 

 



そして今日は長野市内で自然エネルギーに関するセミナーに行ってきました。300名ほどが集まり、経済産業省の方や、長野県の方など、主にお役所方々から、自然エネの現状と今後の展望について、事業者向けとして説明をいただきました。

 

 



今年の7月から、自然エネルギーで生み出される電力について全量を定額で買い取る制度がスタートしますが、あと1カ月。まだまだはっきりしないことも多く、またなかなか一般民間人まで理解が進んでいないように感じています。今後、しおはら住宅デザイン設計では、より分りやすく解説していきたいと思いますので、ブログをたまに覗いてくださいね。

 


コメントは停止中です。