千曲市M様邸 Reborn工事 | 株式会社Reborn(リボーン)

千曲市M様邸 Reborn工事

千曲市のM様邸の耐震・断熱・水周りReborn工事が終わりを迎えました。1月に始まった工事ですが、3月中に完成することが出来ました。久保田現場監督はじめ各職人さんの連係プレーの賜物と感じております。ありがとうございます。

DSC_0011本日は、エコポイント申請書類作成のためにサッシに張ってある「省エネ建材等級ラベル」の撮影に伺いました。

 

 

 

 

「省エネ建材等級ラベル」とは、窓(開口部基準)の熱貫流率を示す4つ星で表示しているシールです。

熱貫流率?・・・壁・窓などの両側で温度差がある場合、暖かいほうから冷たいほうへ熱が通過します。窓の内外の温度差が1℃あったときに単位時間あたりに窓の面積1㎡を通過する熱量をワットであらわしたものを言います。(難しいです・・・byおおくぼ)数値が小さいほど断熱性に優れており、Rebornが採用しているエクセルシャノンさんの樹脂サッシ(シャノンウィンドウⅡ)は星4つ(熱貫流率:2.33以下)です。

 

DSC_00352月ごろの様子です。リビングですが、壁もはがされ、2階部分には作業用の足場が設けられています。The工事中ですね。

 

 

 

 

DSC_0072リフォーム後がこちら!梁が見えるこのスタイル、僕結構好きです。そして以前屋根裏収納だった箇所がロフトとなっています。梯子も掛けれていました~。ちょっとした秘密基地っぽくてお子様は大変喜ぶのでは☆

 

 

DSC_0096外壁は、窯業サイディング仕上げです。右側の壁は今回改修していない壁ですが、10cmほど段差が出来ております。この正体は・・・

 

 

 

DSC_0122そうです!断熱材が付加されています。地面と水平に板を既存のモルタル壁に上から打ち止め、その間に断熱材グラスウールを隙間なく充填、防水シートが張ってあります。まだまだ勉強中ですが、見るからに暖かそうです。いや、暖かいんです!

 

 

DSC_0087外壁の一部には杉板が張られ、デッキも増築されました。このデッキのデザインセンス◎ー!!

 

 

 

 

繰り返しになりますが、約2ヶ月半の工事本当にありがとうございました!

M様、これから春を迎えるところではありますが、まだまだ寒い長野。暖かいお住まいを十分に堪能していただければと思います!

 

おおくぼ


コメントは停止中です。