再生エネ100%へ、今、スタートしよう | 株式会社Reborn(リボーン)

再生エネ100%へ、今、スタートしよう

本日の信濃毎日新聞記事

福島「再生エネ100%に」 ビジョン案 40年度までに達成

福島県は2040年度までに県内で使用される全エネルギーのうち、

再生可能エネルギーの割合を100%までもっていこうとするようです。

今後は有識者会議の了承を経て、市民から意見を募り、3月中に正式決定するとのこと。

つまり、俺たち・わたしたちはもう絶対原発に反対だかんなっ!の決意表明です。

福島の場合、再生可能エネとして水力・地熱発電が多く、2009年度の実績として約21%もあるんだって。すごい。今後は、風力や太陽光を積極的に推し進め、100%までもっていけるだろうとのそろばん勘定があるらしい。

薪エネルギーについては触れられていませんが、おそらく森林そのものが相当放射能で汚染されているからでしょう。

それにしても100%!と言い切っているところがすばらしい。決意は固い、という気持ちが伝わってきます。応援したいと思います。

 

私の住む長野県は森林資源が特に豊富です。また水力発電も◎のはず。新潟県寄りの北信(ほくしん)以外であれば太陽光発電も相当期待できます。福島につづけ、わが長野よ。

・エネルギーシフトを出来るだけ大きなまとまりでやる!ことが大事

      家庭<町会<市町村<<国

・各家庭・各自は、モア省エネ!

・新築住宅の断熱性能は次世代省エネ基準を必ずクリアすることを義務化しては!

・今もなお避難生活を強いられている方の心中を察しましょう。

皆さんのご意見お待ちしています。


コメントは停止中です。