修繕工事はゴルフグリーン上のような | 株式会社Reborn(リボーン)

修繕工事はゴルフグリーン上のような

もう6年間以上もゴルフをやっていません。

こう見えても全盛期は100を切っていたというから驚きです。

本日晴れて43歳になりました。たくさんの方にSNSでメッセージをいただきながら、お返事できずに申し訳ありません。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

「光陰矢の如し」とはよく言ったものです。

まるで弓矢のように人生が一方的に進んでいきます。しかも加速度的に早く・・・。

人生の折り返し点はとっくに過ぎたと自負しております。

あと何年この仕事ができるのか?

悔いのないよう、1棟1棟、1仕事1仕事を確実に、かつ丁寧に行ってゆきたいと思います。

 

このところ修繕工事や改修工事などを、まるで日替わりメニューのようにこなしております。

新築工事であれば、ゼロからの組み立てであり、設計図があり、おおよそ決まった手順やルールというものがあるので、現場管理という点からすると全部が読めます。

さながら人工芝上でのパターのような感じ。

しかし修繕・改修・模様替えはそうは問屋が卸しません。

グリーン上はウネウネクネクネしており、しかも芝目もある。

ひどい場合はラグビーボールのような形をしたボールを打つようなことにも笑

ヒアリング、下見、調査、材料や工具の準備、養生、工期、職人の手配、

それらの作業を一つ一つ読みながら、想像しながら、

「こうやるのがベスト!」という解を頭に持ってから工事をスタートさせないとひどいことになります。

いくつかのルート(手順)を想定しておきつつ、柔軟な気持ちで、意見を聞きながら、判断します。

最終的に「これでいいか?」と問われますので、現場監督は責任をもった判断が重要となります。

もし結果的にその判断がだめだったら、その手直し工事は、自らの責任となるコワイ仕事です。

ま、どの仕事も責任のある仕事とはそういうものですね。

パーパットを決めるのも、決められないのも、わかりやすく言えば実力と経験です。

 

DSCF6297過日当HPの記事でも取り上げた、

久々!床下、ホラー劇場( ゚Д゚)

昨日修繕工事に行ってまいりました。

床が2cmほど落ちてブカブカしているのです(‘;’)

まず床をはがします。しかもこのフローリングはもう販売していないので、「活かし取り」と言って、また使うのを前提として解体せねばなりません。

「そんなことできるの?」一般の方はたいていそうおっしゃいますが、

「で・き・る・ん・で・す」

DSCF62981時間ほどかかりましたが切開できました。

役回り的に、私が床下に潜って床を持ち上げる係だったので、経過を伝えるための写真がありません。

原因はやはり大引(おおびき)と呼ばれる材木の寸足らずで、当時その場しのぎで何とかしてしまった為でした。

また、床下の通風不足で、床束(ゆかつか)と呼ばれる大引きを支える柱が腐朽。

その2つの修正が今回のポイントです。

 

DSCF6306ジャッキで床をアップしている様子。

この作業を、床を切開せずに床下に潜って行うことはまず不可能でしょう。

「ぐっ!ばちっ!」音を立てて床が持ち上がってきました。

たった2cmですが、2cmも、ということができます。

床が2cm下がっていると、普通の人は「あれ?」と感じるはずです。

私はこれまでの人生の半分を、「平らに・垂直に作る」という仕事をしてきたためか、床の傾斜にはけっこう敏感です。「あれ?」と感じる床はたいてい3/1000を超える傾斜があります。

 

DSCF6308あらたな大引きを入れて床落ちの修繕は終了しました。

床は元の高さに落ち着きました。

 

DSCF6316ちゃんと断熱材もいれました。

「ここだけやっても意味がない」とも思うのですが、次世代へのメッセージ=タイムカプセルのようなものです。

落下防止を兼ねた防風層としてのタイベックシート

高性能グラスウール16K 90㎜

防湿シート 厚さ0.2㎜

 

DSCF63213人がかりで約3時間ほどかかりましたが、いい仕事でした^^

あらゆる想定をしていたので、準備して持った行った道具や材料の半分も使わなかったのですが、それでよいのです。

 

ウネウネクネクネグリーンの1mパットは、見事にカップインしました(‘ω’)ノ

ところでゴルフがオリンピック種目になるようですね。

日の丸を背負って、金メダルがかった50cmのパーパット、

あなたなら決められますか?

2016.6.9 しおはら

 

 


コメントは停止中です。