信濃町の豪雪・恐るべし | 株式会社Reborn(リボーン)

信濃町の豪雪・恐るべし

毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしですか?今年は雪がよく降りますね。昨日は大寒波で名古屋でも15cmほど降ったとか。大荒れですね。みなさんもお風邪など召されませんようにご自愛ください。

さて私はといえば本日長野県と新潟県の県境にある信濃町というところへ再び行ってきました。先日もブログでお伝えをしましたが、雪害によって玄関へのアプローチ外階段が破壊されてしまったところです。今日はその仮復旧。雪解けを待って本復旧予定です。

車道の脇は3mくらいありますね・・・。



 

ピークドーマーの棟に残ってしまった雪だるまが落下!下の階段がっ・・・・



 

豪雪地のあちこちで、今後被害が増えるであろう。



 

踏み板が割れるならまだしも、側板が・・・。



 

 

しかし、すごい積雪量です。今日の天気は晴れでしたが、昨日までは毎日降り続け、オーナーさんいわく「これまで15年で最悪だな。屋根にこんなに残ったことはなかったよ。」とのことです。無人の別荘などはもう家がカマクラ状態でした。心配です。

屋根の雪をどう落とすか、どこに捨てるか?除雪機の導線は?除雪機の収納場所は?

駐車場とアプローチ、ボイラーの位置、落雪の危険性回避策・・・etc.。設計に反映しなくてはならないことが目白押しです。そこに暮らす人にとって、「想定外」は通用しません。トラブルがいろいろなことを教えてくれます。謙虚に受け止めなくてはなりません。

薪ストーブの煙突位置についても、相当慎重に考えなくてはなりません。

恐るべし、信濃町。これで雪もボチボチになってくれればいいのですが。

除雪後、午後には仮復旧完了。作業中、屋根から落雪。ひやりでした・・・。。



 

 


コメントは停止中です。