ログハウスの改修終了 @軽井沢 | 株式会社Reborn(リボーン)

ログハウスの改修終了 @軽井沢

GW後半戦、皆様いかがお過ごしでしょうか。信州は例年になく寒い日が多く、農作物の被害も心配されます。今朝も長野市内は3℃まで下がりました。晴天が続くのは嬉しいことですが、いっぽうで心配している人もいるのですね。昨日は事務所から見える飯綱山にも雪が降ったようです。まだタイヤの履き替え、躊躇しております。

4月に入って、改修工事が始まり、はやいものはGW前に終了しました。



軽井沢のログハウスK様、キッチンに夢の「大きな窓」を取り付けました。

K様とは、当社で製造販売している薪用保管庫=グリーンラックを通じて知り合いました。当時施工した工務店は、愛知県の輸入業者、工事施工者は地元の大工さんだったとのことですが、なかなか言うことを聞いてもらえない、対応が遅い、センスが悪い、ということで鞍替えをしていただいたようです。

 



ご覧ください、この風景。これまではログ壁でしたが、「これぞ軽井沢!」と思える、絵になるピクチャーウィンドウですね。向こうに見えるデッキで小鳥の声、葉が揺れるささやきを聞きながら読書をしてみたいなぁ。

 

 

 



もともとあった食器棚に併せて家電収納+ゴミ箱収納用の棚をリーズナブルで造作。この場所、元々はトイレがあった場所です。コンセントやスイッチの配線の処理もあるので、薄い壁を造りました。今はまだ白っぽいパインの板も、次第に飴色に変わりなじんでいくことでしょう。

 

 



元々収納だったところにトイレをもっていったので、こちらは壁でふさぎました。巾の広い、俗にログパネルと呼ばれる羽目板を貼りました。まったく違和感がありませんね。

家具も統一感があってグッドです。

 

 

 

 



K様に、「昨年グリーンラックに入れておいた薪が、あまりに良く乾き、良く燃えてびっくり!湿気の多い軽井沢でここまで乾くんですね。たまたまインターネットでグリーンラックを見つけて塩原さんに出会い、素晴らしいリフォームまでしていただき本当に良かった!」とお褒めをいただき、昼食までごちそうになりました。

 

 



しおはら住宅デザイン設計のグリーンラック製作工場のまわりはリンゴ畑ばかりです。ここ数日で一気に開花しました。なんとなく、ようやく春が来た感じがします。



 

 

 

 


コメントは停止中です。