レブライトはすごい! | 株式会社Reborn(リボーン)

レブライトはすごい!

今日は梅雨とは思えぬ、誠にすばらしいお天気でした。信州松本。日に焼けました。アゴから汗が落ちました。口笛吹きました(笑)

というわけで今日も現場をあちこちと。松本市のOさんは、ご自身で再塗装に着手したとのことで、一部ログが黒ずんでいるので、どうにかしてほしい、というご相談をいただきました。



屋根付き駐車場のトラス部分。中央で持ち出した梁の先端が、雨や雪に濡れて、黒ずんでいます。スパーンと先端をちょん切っちゃうことも考えましたが、「レブライト」という薬品で黒ずみを落として、上面に板金屋根を付けようと提案しました。

 

 



レブライト」。

木を扱う建築関係の方ならご存知の方も多いかと思いますが、これ、けっこうすごい薬品です。いわゆるドクロマークの劇薬です!つ~んとくる臭い。飛沫が顔や腕にかかっただけでピリピリ・・・。取り扱い、厳重注意であります。

 

 



薬品用の刷毛で塗ります。厚手の手袋は必須です。大昔ですが、手袋に穴があいていて、指のささくれからレブライトが浸入し、化学やけどになり、夜、激痛にうなされ、外見は風呂上がりの指のようにふやけただけの感じなのに、中の細胞が溶けてた・・・。麻酔なしで指先にメスを入れ、中からドロドロに溶けた膿が・・・。おぉ~こわっ!!

 



レブライト塗布前。

 

 

 

 

 


塗装前、サイドビュー。

 

 

 

 

 



刷毛で塗布後約10分。

 

 

 

 

 



塗布後10分、サイドビュー。

 

 

 

 

 



塗布後20分経過。

だいぶ黒ずみが減りました。刷毛でよ~く擦り込むように塗ったので、数時間後にはもっと黒ズミはなくなるでしょう。

板金屋根は後日に。

 

 


コメントは停止中です。