リビングの壁をぶち抜く | 株式会社Reborn(リボーン)

リビングの壁をぶち抜く

DSC_7577怒涛の12月を突っ走っています^^

今年も残りあと10日あまりですが、あまり区切りを意識することなく、

11月の後には12月がくるのと同様、「12月の次には1月がある」という風に考えるようにしています。

しかし!

そうはいっても区切りを付けなくてはならない建築工事。

完成・引き渡しや上棟、さまざまな小規模工事の数々。

忘年会続きで体重が増え、腰が重い毎日ではあります。

DSC_7588長野市松代では、建築主によるDIYしっくい塗装が11月より続いておりましたが遂にフィニッシュ!

ご夫婦ともによく頑張りました^^

弱気発言が多かったCさん。なかなか休みが取れず、時間配分にはご苦労があったかと思います。

それでも初心貫徹、あきらめずに塗り切ったのですから自信をもってこの家でお暮しください。

まだ床の塗装が残っておりますが(笑)

 

DSC_7592久しぶりに私も3分程ですが塗りました(笑)

あまり細かいことは気にせずにグイグイ塗っちゃってください的な実演をしました。

しっくい塗装の下地である厚手のクロスは真っ白ですので、真白いしっくいを塗ってもムラはまったく気になりません。

ローラーの延長棒を使えば、脚立に乗らなくてもある程度の作業が可能です。

 

DSC_1408ところで本日、軽井沢にて間仕切り撤去工事を行いました。

オーナーチェンジに伴う改装です。

1階にLDK+1ルーム(6畳)という部屋構成でしたが、

6畳間をLDKに合体させます。

こちらビフォー。

 

Exif_JPEG_PICTUREこちらアフター♪

かなり効果的なリフォームでしたね。

壁の中には柱や筋交いもありましたが、構造計算により安全を確かめたうえで、こういう工事は行いましょう。

 

2018.12.18 Reborn塩原

 


コメントは停止中です。