マーブルフィール | 株式会社Reborn(リボーン)

マーブルフィール

高校野球・長野県地方大会も今日は雨で中止になりました。

久しぶりに一日雨模様。

ぐっと気温も下がりましたが、ベタ~とした感じでした(^_^;)

 

体感温度の重要要素である「風」。

30℃の気温であっても風があれば何とかなる!?

Rebornの事務所は3階建のビル(?)の最上階。

頭の上には折半屋根があり、大変な暑さです(>_<)

昨日まで連日外気温は35℃くらい。

ダウンライトの穴からファイバースコープで屋根裏を覗いてみると、

袋入りの断熱材100mm程度はあるにはありますが、ただ置いて並べてあるだけですので、

断熱効果はあまりないのです(泣)

 

エアコンは最低の19℃設定。朝からガンガン運転中なのに事務所室温は32℃。

全然下がりません・・・。エアコンからは確かに冷風が出ているのですが・・・。

 

断熱性能とか快適な室内を目指す工務店・設計事務所の、正しい姿とは言い難い・・・。

それでも”すだれ”をかけたり、3階で風がよく吹き抜ける特性を利用して必死に抵抗しているのですが・・・。

サーモカメラで天井面の温度を測ると、やっぱりです><

36℃・・・・泣

これでは天井一面がそっくりパネルヒーター状態です。

「気温は実質的に快適性を示すものではないのだよ」

入社して7か月が経過した大久保クンにそう教えました。

 

人間の体は体全体に敏感なセンサーを持っており、

暑いとか寒いとかを、すべての表面で感じることができます。

これってすごいことじゃない??

そしてそのセンサーが感じているのは、自分を取り巻くあらゆる物質の表面温度なのです。

空気の温度である気温ももちろん感じ取っているんですが、

壁、床、天井、窓、そして近くに座っている大久保クンや内海サンの熱い人体熱までも人体センサーで感じているってわけ。

そんでもって 『風』 ね。

風は体感温度を下げる効果があるのは誰でも分りきっていることですね。

 

これからが夏本番!

どなたかお中元に扇風機送ってくれないかしら??

 

DSC_0003長野市Y様新築工事では、建築主のYさん自身による”内壁左官工事”がついに始まりました(^_^)/

毎晩仕事帰りに、そして毎週末は常に現場で過ごしていただいております♪

今回はRebornが代理店をしているプラネットジャパンの「マーブルフィール」を塗っています。

 

 

DSC_0007奥さんとご友人も大活躍!

みなさん黙々と壁に向き合っています。

マーブルフィールは珪藻土ではありませんが、大理石や石灰岩といった石の粉が主成分です。

ちなみに珪藻土(けいそうど)は海中に住む”珪藻”という藻(も)の死骸が海底に堆積したものです。
どちらも優れた調湿作用があり、またアルカリ性のため殺菌作用があったり、空気を浄化してくれる働きもあるんです。

 

DSC_0010別の部屋にはレジャーシートが。

ご夫婦、ご友人同士、OOはうまいとか、下手とか、

ここはこうやった方がいいんだろうとか、

世間話にも花が咲きます。

すべてが終わるときには、これまで味わったことがないようなヨロコビが待っています。

へこたれそうなときに、その人は成長します。

疲れ切った後に飲むビールは格別です(笑)

(Rebornはお客様自身によるDIY作業を積極的に取り入れて、家づくりを行っております)

 

 


コメントは停止中です。