バスマットの特殊需要 | 株式会社Reborn(リボーン)

バスマットの特殊需要

0723_200723_35これでは外壁が張れません!

—飯綱町Oさま邸

付加断熱が終了。タイベックシートまでは終わってます。

この後、最近定番といっていいでしょう、すぎ板+ACQ加圧注入材を貼って足場撤去へと向かうのですが・・・。

本来だと東京五輪の開会式なんだだそうで、来年もこんな天気だったら盛り上がらんなー泣

 

0723_200723_38軒天(パイン羽目板)は張られています。

早く塗装しないと・・・。汗(カビが出ないか心配)

外壁材がブルーシートに包まれていますが、実はカビ発生の心配があります。

ACQ加圧注入材は、そう簡単に発生しないとは思いますが・・・。

 

 

0723_200723_23南側2階の窓上にはひさし。

しつこいようですが日射遮蔽、けっこう大事です。

おやLIXIL?

はい、Rebornでは2棟目となるエルスターXのご採用です。

そういえばエクセルシャノンさん、窓枠の室内側がホワイトのみになったそうですね。これまでは木調柄が2色あったんですが需要がないんでしょうか?

需要がないと消えてゆく―

世の常ではありますが、きっとまたいつか復活するのでしょう。

まあ、採用したことほとんどないですからいいですけどね。

 

0723_200723_6外部仕上げが全然進まないので、代わりに室内がどんどん進んでいます。

フローリング床が終了し、内壁石膏ボード貼りが始まりました。

石膏ボード貼りが終わると巾木をつけて、大工工事はだいたい終了してしまいます。

ウワサによると、梅雨明けは8月になるかも!?

 

0723_200723_9大工さんが石膏ボードを切るのに下敷きに使ってるバスマット。

よく考えたら、最近あまり見かけませんね。

こんな需要があったのか・・・。

昔のお風呂は寒かった。特にタイル貼りの床は、足の裏がしびれる程。

待てども待てどもシャワーからお湯が出てこない!

そんな時バスマットが救ってくれたものだ。

平成生まれにはわかるまい。

2020.7.23 Reborn塩原

 

 


コメントは停止中です。