タイヤはどこに? | 株式会社Reborn(リボーン)

タイヤはどこに?

社用車のハイエースのタイヤ交換を実施しました!

え、もう?

って感じですが、先手先手の必勝法。

志賀高原はすでに初雪の予報が出てましたからね。

いざって時に出動できるようにしたわけでありますが、ちょっと早すぎでしょうか。

まぁ、常時乗ってる軽トラックは、タイヤ交換、まだずいぶん先にしますがね。

 

dscf9560ところでみなさん、タイヤってどこに仕舞ってますか?

普通は家の北側に4段、だるま落とし状に重ねて放置していることが多いんだと思いますが、

裏のお宅から丸見え、盗難だってかなりあるらしい。

できれば鍵のかかる、屋根の下に置きたいと誰もが思っているとおもうのですが、

なかなかどうしてこれができません。けっこう高価なものなのにね。

ご覧の写真は動物園のオリではありません!

見れば中には動物のような人間のような。(笑)

 

 

dscf9562リボーンは零細工務店であり、設計事務所であるわけですが、薪ストーブユーザー向けの薪小屋キットを製造・販売、全国向けに通販を行っているのはすでに知られること。

しかし、こんな小屋といいますか、納屋といいますか、タイヤ置き場といいますか、屋台といいますか・・・

ちょっとした木製オリジナルの小屋も製作、販売しているんでしたね。

そう、「木っとハレルヤ」。

2年程前、リボーンの設立と共に世に送り出しましたが、おかげさまで、最近ぽつらぽつらと注文をいただくようになりました。

でも、完全に手作り。しかも夜20:00くらいからN大工の手によって製造。1台つくるのに1週間くらいかかってます。

市街化調整区域にリボーンがありますが、その恩恵を受けているともいえる夜間製造。

ある程度のところまでをRebornの工場で製作、仮組みを経て塗装までしておき、これを現地に持って行ってわたくし塩原が組み立てる。

組み立て設置は、もちろん日中行います!

 

 

dscf9563組み立て・設置を現地で1日以内で行えるようにするべく、工夫を凝らしています。

右は軽井沢にお嫁行き。左は上田市に嫁ぎます。

右は真っ黒(エボニー)、左は真っ白(OPホワイト)。

まるで新郎新婦を見るようなまなざしで、今後のこの子達の行く末を思っています。

「お嫁に行っても元気でな」

これらはタイヤ置き場にもってこいであり、園芸用品、バイク倉庫、自転車倉庫、漬物小屋など目的はみなさん多種多様。

すでにキット商品ではなく、わがまま仕様で遊び心を混ぜながら、今もひたすらN大工が作り続けています。

2016.10.28 22:30 リボーン塩原(毒度1)

 


コメントは停止中です。