シルバーグレイ | 株式会社Reborn(リボーン)

シルバーグレイ

山中湖畔のH様宅へ10年点検に行って参りました^^

DSCF2666デッキからは最高のロケーションです!

まだ紅葉は始まっていませんでしたが、いい天気の日にきました( ˘ω˘ )

10年ぶりに伺ったのですが、おじさんの記憶力というものは頼りないもので、

完全にルートを見失いました。Hさんにお出迎えをお願いして何とか辿り着いたのです。

特にこういう別荘地は、目印がどれも似たかよったりで、しかも住所というものが検索上ほとんど機能しません。

言い訳ですね・・・。

 

DSCF2653空中デッキ。

コンクリート梁を建物本体基礎から持ち出して、梁上に防腐処理された木製デッキをつくりました。

10年前ですから、リボーン定番のACQ加圧注入材ではありません。

そのため、数か所の板は、お疲れ様状態になっていましたね。

 

DSCF2665外壁にはこれまた定番のウエスタンレッドシーダーの箱目地荒仕上材。(チャンネルシーダー、と呼ぶ)

見事にシルバーグレイに経年変化していました。

この表情を美とするか、醜とするか。

一階の窓上に設けた、ひさしも何気にグッジョブです。

パッシブデザインのため、デッキに面した南側にはたくさんの窓が付いています。シャノン樹脂サッシAr-LOW-Eペアガラス。

10年経った今でもこの仕様に変わりはありません。

 

DSCF2655シルバーグレイの表情が見事なので、もうワンカット。

竣工時にはプラネット・ウッドコート塗装をしてありましたが、その成分はほとんどが喪失。

10年経つとこうなります。

直射日光を浴び続ける木板は、反りや膨張収縮を繰り返しますので、脳天から留めているステンレスの釘は全体に浮いてきます。

スクリュー型の軸となっている釘を使ってはいましたが、数年前にステンレス釘を増し打ちしていました。

DSCF2651北側の接道方面。

こちらは直射日光が少ないので、まだ塗装が残っています。

どっちがいいとか悪いとかではないのですが、私はやっぱりシルバーだなぁ。

白いサッシとの相性も悪くありません。

 

DSCF2645屋根裏の様子。

高性能グラスウール16K 200㎜マット。

断熱はマット状のものを敷並べる方式と、粒状のものを吹き込む方式がありますが、マット状のものはコストパフォーマンスに優れています。

施工上可能ならば、このようにマットを敷並べるとよいでしょう。

垂木には2”×10”が用いられており、母屋(もや)と呼ばれる桁材を減らして施工性をよくしています。

 

DSCF2661傾斜地に建っているので、床下は地下室の様相です。

床断熱材も高性能グラスウール16k 140㎜マット品です。

ああ、なんか10年経っても全くやってることが変わっていません。

 

 

 

DSCF2688話は変わって、

今週末坂田木材さん主催で行われる完成見学会会場へ。

10/7土曜日、10/8日曜日に開催されます。

同日リボーンでもリフォーム現場の完成見学会を開催します。

本日完了検査が行われたので直前情報を。

 

DSCF2686まず目を引くのが木製ルーバー。

一般にはアルミ型材のものが流通していて、ハウスメーカーさんたちは軒並みそれを用いてサッシ屋さんが取り付けているようですが、長野県の工務店たるべきもの、やっぱりこのあたりはこだわってますね~。

材料はヒバ。

この材もウエスタンレッドシーダーと同様、水に強く外部に使っても長持ちする材木です。

淡い茶色ですが、経年でやっぱりシルバークレイに変化してゆきます。

 

DSCF2691東面。(道路に面する側となります)

シンプルな切り妻屋根で、こちらにも目隠し用のルーバーを設置。

通行人からの視線を遮る意味もありますが、和モダンを表現するアイテムとして使用されています。

窓とダブって設置されていますので、夏場の遮光機能も期待され、防犯上もかなり有効ですね^^

DSCF2742

室内側はこんな風にルーバーが見えます。

FIX(はめ殺し)の窓。

落ち着いた雰囲気が出ていてすっきりもしていて、

グッジョブです^^

 

 

 

DSCF2698 DSCF2695LDの様子。

対面キッチン

構造梁ちょい見せ

梁-梁間、ホワイト(クロス)

TV背面アクセント板張り

RXパネルヒーター

ダイニングPCカウンター

皿出しカウンター無垢材

IHヒーターで垂れ壁なし

オーク(なら)無垢フローリング

室内物干しかけ

 

さあ、どんな家具が入るのでしょうか?

引越しまでもう少し。今年は暖かい冬をお過ごしください^^

 

DSCF27282階ホールからバルコニーへ。

マガジンラック&座式カウンター

Tさん、なんか企んでますね(笑)

3畳の書斎もあって、3LDKで32.87坪です。

4人家族にはちょうどいい間取りで、30歳代の若夫婦にぜひご覧いただきたい家です。

 

QPEX

南東外観北東外観2017.10.5 Reborn塩原(完了検査は合格しました)

 

 

 


コメントは停止中です。