やっぱり五月晴れはいいですね | 株式会社Reborn(リボーン)

やっぱり五月晴れはいいですね

昨日の寒さから一転、今日は朝からさわやか信州でした。今日は現場日和です。

午前中は信濃町へ行き、今年冬の大雪で雪害修繕工事の保険屋さんの下見調査に同行してきました。



長野市街地と比較して一カ月は遅い春です。鮮やかなグリーンに包まれたログハウスです。つい一か月前までは1.5mほどの残雪に囲われていました。

 

 

 

 



辺りにはまだ残雪が。空気もひんやりとしています。あちこちに蛇が出没。山菜とっている人もあちこちで見かけましたが、気を付けて~。

 

 

 

 



手すりが全壊していました。木もあちこちで倒れています。保険調査員の方に尋ねると、今年はものすごい被害件数があり、てんてこ舞いなんですって。やはり、信濃町、白馬、妙高、黒姫に集中しているとのこと。

 

 

 

 

 



次に向かったのは、タングラム斑尾別荘地にある、ペンションカンタベリー。これまでにもデッキの破損被害や修理状況をお伝えしてきました。

こんなに立派になりました!

→豪雪で被害当時の画像

 

 

 



次に土台が腐ってしまった現場へ。

土台の交換工事が終わり、徐々に復旧に向かっています。また明日も向かいます。

 

 

 

 

午後は松本、豊科と、中信方面へ行き、現場のチェックや打ち合わせなどをこなしてきました。

考えてみると、昨日は一日事務所で缶づめで、電話以外誰とも会っていないことに気づきました。見積もりや設計にどっぷりでした。打って変わって今日は、10人の人と会いました。うち2人は初めての方。電話もたくさん。現場には職人がいる、お施主さんもいる、おしゃべりもある。事務所で黙々と設計に没頭するのも嫌いではありませんが、やっぱり天気のいい日は現場がいいですね。設計士のイメージを変えるような、専門技術に長けていながら、庶民的で話しやすい人間でありたいと思います。

 


コメントは停止中です。