あったかいんだから~♪の、お風呂 | 株式会社Reborn(リボーン)

あったかいんだから~♪の、お風呂

だんだんと寒くなってきた長野市・・・

 

寒いのが苦手と言う方は、暖房を入れ始めているのではないでしょうか??

 

寒くなってくると、お風呂も浴槽から出たくなくなってしまいますよね(ノ△・。)

 

こんな前フリから入ったのは、上田市M様邸新築工事で浴室の断熱工事が行われたからなのですが

 

IMG_1190断熱材には、スタイロフォームを使います。触った感じは発砲スチロールとほぼ変わりませんが、性能としては断熱性が強く、強度もより強くなっています。このスタイロフォームを浴室の基礎上端と同じ高さに切っていきます。

 

 

 

IMG_1193そして四方にこの断熱材を敷きます。

 

 

 

 

IMG_1202そうしましたら、床にもスタイロを敷いて断熱材の配置は完了です。途中の写真を撮り忘れてしまったので完成した状態ですが、周りに白くもわもわと雲のようになっているのは、

 

 

 

 

IMG_1201発砲ウレタンです。隙間という隙間を発砲ウレタンで埋めていきます。基礎は極端に言えば外と変わりありません。隙間が少しでも空いていればそこから冷たい風が入り、床を冷やして寒い寒いお風呂となってしまいます(TmT)

 

 

 

IMG_1199本日施工していただいたのは、信越ビーアイビーの常務様であります。これでもかと細かいチェックをしながら隙間を埋めていただきました。完璧な断熱施工です☆ 「これで、朝まで浴槽のお湯は温かいままですよ!」と自信たっぷりに一言いただきましたので、寒い冬が楽しみになりますね(*゚▽゚)ノ

 

 

 

これにプラスユニットバスには、保温材みっちりの「あたたかパック」(メーカーはLIXILさん)が付きますので、鬼に金棒です!

 

お風呂が寒いとヒートショックの原因にもなったりと言いますが、そんなことは元より寒いお風呂を好んで入る人なんてまあいないでしょうね。。。冬でも暖かいお風呂に入って、冷たいビールを飲む!最高の暮らしじゃあないでしょうか!(これは私の勝手な意見ですが笑)

 

以前、塩原さんマイベストプロ信州に「浴室リフォーム」についてのコラムがあります。より一層浴室断熱の大切さが分かりますので是非読んでみてください。

■失敗したくないリフォーム!~浴室編

おおくぼ

 


“あったかいんだから~♪の、お風呂” への1件のフィードバック

  1. Reborn塩原 より:

    浴室(ユニットバス)や玄関の土間(タイルになる部分)の断熱不良が意外と多いということ、ご存知でしょうか~?
    最近は新築住宅のほとんどがユニットバスだと思いますが、タイルを貼るような造作浴室は、断熱工事がけっこう難易度高いのです。

    また、浴室や玄関といえばシロアリ被害が多いのもまた事実。
    家づくりにおいて細心の注意を払わなければならない箇所です。

    きちんと断熱されたユニットバスでは、脱衣所との温度差がなく、
    「あのもうもうと立ち上がる湯気がさほどではない」
    「壁に水滴がつかない」
    「カビが発生しない」
    「換気扇を回しておけばすぐに乾く」
    「床が全然冷たくない」
    「お湯がなかなか冷めない」
    というようにいいことづくめです。

    しかしながら、さすがに窓ガラスは結露します。
    引違い窓のように、隙間ができやすいサッシはできるだけ避けること。
    窓の枠の内側(延長枠とか、フリー窓枠といいます)にはある程度の水滴が垂れてきますのでご注意を。