新年ごあいさつ | 株式会社Reborn(リボーン)

新年ごあいさつ

明けましておめでとうございます。

おかげさまで気持ちも新たに、2017年を無事迎えることができました。

あらためまして心より御礼申し上げます。

 

今年はどんな年にしようか?

 

とにもかくにも目標が大事だと思っています。

売り上げの目標、

こなす仕事の量の目標、

個人で取得したい資格など、いろいろな目標を持つべきではありますが、

リボーンでは毎年年始に、社の理念を復唱しております。

 

一、お客様の貴重な財産である住宅を、価値のある状態に再生する

・住まいづくりは心の繋がり。笑顔あふれる暮らしの実現を目指す

 

一、断熱性能や耐震性能を重視した住まいの提案を通じて、持続可能な社会の構築を目指します

・やがて来るであろう大地震に備え、省エネルギー化をより一層推進します

 

一、人にも社会にも優しい暮らしの創造を目指す

・技術や考え方を継承・発展させるため、人的資源を大切に、継続して働ける環境を整えます

 

一、お客様の困っていることに耳を傾け、自らの考えを伝え、設計や工事の提案を行い実行します

・関わる人すべてが幸福感を味わえるよう、嘘やごまかしを排し、出来る限りの情報開示をします

 

昨年はスタッフが1名退社し、新たに1名を迎えるということが起きてしまいました。

3番目の理念「継続して働ける」ということがいかに難しいことか、ということを改めて考えさせられる機会となり、

「何のために働くのか?」

ということを突き付けられた感があります。

 

業績が上がれば上がるほど、労働環境は悪化しやすい

いただく仕事が増えれば増えるほど、コミュニケーションが不足する

全員が同じ思いで仕事に取り組むことは果たしてできるのか

 

電通過酷労働命断絶、

残業時間や働く環境についても世間で話題となり、きっと皆さんも自分の環境と照らし合わせながら思いを巡らせたことでしょう。

 

好きなこと(仕事)をして、相手がそれを喜んでくれて、しかもそれに見合った対価をもらえる

 

理想はきっとそういうことなんだと思いますが、なかなか難しいことだとも思います。

皆さんはどんな理想をお持ちですか?どんな目標をお持ちですか?

 

今年もリボーンは、

「やっぱお前んとこでつくるとあったけえわ」

という住宅をつくり、

「地震が来ても家のなかにいよう」

ととっさに考えていただける、

そんなふうにお暮しいただける環境を皆様に提供できるよう、努力して参ります。

皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

Rebornの前身、しおはら住宅デザイン設計から数えて、ブログを書き綴って丸5年になりました。

今年も原則火曜日、木曜日、土曜日に塩原によるコラム記事を書き連ねてゆきたいと思っています。

どうぞ皆さん、ご愛読賜りますよう、お願い申し上げます。

 

平成29年1月7日

株式会社Reborn スタッフ一同

 


コメントは停止中です。