「里山資本主義」シンポジウム 12/4 13:00~ | 株式会社Reborn(リボーン)

「里山資本主義」シンポジウム 12/4 13:00~

1204シンポジウムチラシ_ページ_1私も読みました「里山資本主義」の本。

共感するところ多し。

ぜひこの機会にみなさんもどうでしょうか?

 

蛇足ですが、

木は、森は、太陽エネルギーを蓄えたものと考えることができます。陽射しを受けた葉は光合成により樹木を成長させ、木造建築の構造材となり、また「燃やす」という行為により熱に変換されます。

このことを理解すれば、森林はすでに存在そのものが巨大なバッテリーなのだと気付くはずです。

マキストーブを使用する人はすでにもう分っています。

たった1本の木を伐採し、乾かすためにマキワリをし、それを使用することで数カ月の暖房エネルギーとなります。

 

パネリストの原薫さんは同じ年の知り合いで、先日もいっしょにきのこ狩りを楽しみました。

愛犬(甲斐犬)と共に山に入るその姿は、とても眩しく映りました。

DSC_0114原さん!勝手に載せてすみません<(_ _)>

応援してますヽ(^o^)丿

 

1204シンポジウムチラシ_ページ_2


コメントは停止中です。