杖は先にあってこそ!ステンレス製手すりにこだわる | 株式会社Reborn(リボーン)

杖は先にあってこそ!ステンレス製手すりにこだわる

DSC_0017老後に備えるリフォーム工事を行いました。

長野県上田市O様邸。

高校の同級生からのご紹介いただきました。

ありがとぅっ!みっちさん!!

築20年くらいの大きな和風住宅で、80歳ちょっとのお父さんが一人暮らし。

雨漏りがいっこうに直らない

そんなことがきっかけとなり、洗面化粧台の入れ替え、水廻り・玄関のアプローチに対する手すりの設置などを実施致しました。

 

写真はお風呂の手すりたち。縦・横に、動作を考慮した配置となっています。

 

 

DSC_0015この洗面化粧台安いよ!

大手メーカー製じゃないけど、W750 で壁付シングルレバー混合水栓+シャワーホース付き、3面鏡キャビネット

下部2段引出で、税込¥90.000くらいだよヽ(^o^)丿

某有名メーカーだと15万くらいするグレードですよ、お母さん!

 

DSC_0021我ながら秀逸だと思ったのは、入口引き戸の取っ手です。

握りやすい取っ手を両面に付けました。

ご覧のようにOさんはステンレスいっぽんやり!

聞けばかつては警察の鑑識係をされていたそうです。

指紋が残りやすい!からでしょうか!笑

 

DSC_0019お風呂は入念に計画されました。合計6か所の手すり&取っ手が配備されました。

お風呂の転倒事故はダントツに多いので皆さんもご注意を!

湯煙なんかで視界も悪いので、ご高齢の方々は、いや入浴するすべての人々は決して気を許してはいけません!

な~んて、それじゃあお風呂でリラックスできないじゃないかぁぁぁ(T_T)

 

DSC_0025トイレにはL字型を。

樹脂製のものはいろいろありますが、ステンレスのものってなかなかないんですね。

これらはすべて杉田エースという会社のもの。

この会社もメーカーではなく、商社さんだと思いますが、もう少し長さとか形状とかいろいろあるといいんだけどなぁ。

 

DSC_0026既存の壁、特に石膏ボード下地の場合は、必ず木板で補強しましょう。

手摺の場合、絶対に見栄えよりガッチリさを優先させましょう(^_^)/~

 

 

 

DSC_0003屋外にも手すりをつけました。

やっぱりステンレスです。

既製品ですが、これを探すのは大変苦心しました。

基礎の横っ面につけるタイプ(壁面付け)のものはWEB検索でもほとんど見付けることができませんでした。

 

DSC_0095建物に段差はつきものですが、手摺は本当に大事だと思います。

新築の時などは、ついつい後回しにしがちな手すり工事ですが、

歳をとらない人はいないわけですし、

転んで痛い目に合ってから付ける、では遅すぎます(>_<)

年末年始は私も実家に帰るので、そういう目で実家を見つめてきたいと思います。

転んで、骨折して、寝たきりになって、逝ってしまう、

そんなパターンがとても多いそうです。

 

 

 


コメントは停止中です。