この「家」にしてよかった②号発売! | 株式会社Reborn(リボーン)

この「家」にしてよかった②号発売! | 株式会社Reborn(リボーン)

この「家」にしてよかった②号発売!

DSCF6086先日、シロアリ調査で小屋裏をもぞもぞしていた時、

まったく別の方(OB)からの電話。

「羽根アリがいる!うちにもシロアリいるかも!」

そして本日訪問。

マイ・スタンダード・ユニフォームである「タイベックスーツ」を身にまとい、

床下調査を実行。3年前にも築後5年点検で潜っています^^

 

DSCF6098残念ですが、いらっしゃいました・・・泣

基礎天端と土台との間、つまりキソパッキンの陰にかくれるようにして。

土のトンネル=蟻道(ぎどう)があります。

蟻道から外れてうろうろしている輩も多数なので、この時期は活気に満ちている様子です。

いったいどこから入ったのか?

このお宅は基礎断熱ではなく、床断熱工法ですが、

玄関内部と浴室部分は内側の基礎断熱工法です。

 

20180517214159-0001若干グロいスケッチですが(拡大表示してみて!笑)、こういうことだと判断しました。

あくまで予測ですが。

被害はまだそれほど広がっていない様子ではありますが、この際きちんと駆除しておきたいので、玄関ポーチのタイルを思い切って斫り解体してみたいと思います。

ばっちり駆除したのちは、再発しないように手段を講じようと思います。

 

先ほど、「マイ・スタンダード・ユニホーム」と書きました。

最近自分でも不思議なくらい、似合っていると思います(笑)

 

IMG_7678先日発売、「この「家」にしてよかった②号」にも掲載されています(笑)

この本のことは以前、ブログでも紹介しましたが、

キューワン住宅に暮らしている全国の人々を、新住協の理事であり、アマチュアカメラマンでもある会澤さんが全て1軒1軒訪問取材し、

話を聞き、リアルな声を綴った、「信じる者は救われる本」となって、密かに世に出回っています(笑)。

第①号は私もすべて読みましたが、これほどまでに分かりやすくキューワン住宅の住み心地を伝えてくれる本を、私はほかに知りません。

 

IMG_7675第②号には、一昨年リボーンで建てた方の声も掲載されていますので、

ぜひ多くの方にこの本を読んでもらいたいと思っています。

 

昨日のブログでも書きましたが、シロアリを予防する100%確実な方法は実はありません。

何と言っても早期発見、早期対策に尽きると思います。

4月下旬~5月中旬、雨が降った翌日の無風で晴れたお昼前後

このとき羽根アリを観たらご用心、これ復習ね^^

 

皆さんも自分の家の床下に、ぜひ1年に1回潜ってみてください^^

タイベックスーツはプロ向けのホームセンターやワークマンで1着500円程度で売っています。

そういいながらも、自分の家はかれこれ5、6年は潜っていないのですが・・・。

 

「人生はドラマチックに。」

本題とは無関係ですが。

 

2018.5.17 Reborn塩原


コメントは停止中です。