うそほんと?分杭峠ゼロ地場 | 株式会社Reborn(リボーン)

うそほんと?分杭峠ゼロ地場

ざんざ亭での夜は楽しかった~\(^o^)/

DSC_0251翌日も全員で顔を揃え朝食をいただきました。

実はわたくし、朝食は普段食べません。

「だめだめ~、からだ壊すよ~」とよく忠告をいただくのですが、なにせ夕食が遅いもんで・・・泣

朝は欠かさず、養命酒をおちょこ一杯と、コップ1杯の水または麦茶を飲んでいます。

でも今日はご飯オカワリしちゃいました。ざんざ亭の朝食にまたしてもKOです。

 

DSC_0269全員で記念撮影。

なかなかいい宿ですね、ざんざ亭。

みなさんも機会があったら是非泊まってみて下さいね~☆

ざんざ亭HP

来年もきのこ狩り&おいしいもの&温泉を企画したいと思います^_^

 

 

DSC_0276解散後、美里嬢とざんざ亭近所のゼロ地場へいざ!

この日は台風18号が接近中であいにくの天気でしたが、ここまできたらば!

ということで思い切って足を延ばしました。

大変山奥に位置しているのでマイカーでは行けません。

専用シャトルバスが30分~1時間おき程度に巡廻しており乗換えです。

往復¥650はちょっと高いんじゃない??

 

DSC_0288ここが噂の気場。

雨にも関わらずこうして傘をさして立ちつくす我ら。

1時間以上はいてはならないのだとか。

また健康な人はあまり長い時間いない方がいいらしい。

体が暖かくなるとか、耳鳴りがするとか、とにかく何も起こらないし感じない。

気とはそういうものか?

 

DSC_0294徒歩での道中、石川県からちょくちょく通っているという親子3人が(仮称青木さん)

立ち止まっている。

青木さんに「なにかここにあるんですか?」と尋ねると、

「この子がここは気がものすごい出ているいうので。この子は日常的に頭痛持ちで、ここにいると楽になるっていうんです。」

「こうやって手をかざすと、手の平に”気”が当たるのを感じません?」

とおっしゃるので、青木さんが焚火にあたるように手をかざしている岩に、我々も手をかざすと・・・・

 

DSC_0292うわぁ~~~~(>_<)

手のひらが、特に指先がぴりぴりというかチクチクします。

正座をしていてちょっと足の裏がしびれてくるような感じ。

美里さんは手が温かくなってきたようです!

ちょっとちょっと~~~

これには流石にたまげました!

 

DSC_0290青木さんのお話しによると、

この地一体はそうした”気”を発する場所がピンポイントでたくさんあるそうです。

ちなみに、先ほどの岩は手のひらがピリピリしましたが、すぐ脇の岩ではそうした感覚がありません?

なんなの一体これ?

青木さんに呼ばれ、「ここもすごいみたいよ」

指差す場所に手をかざすと・・・・(!)

 

DSC_0304いや~びっくりしました、ほんとに・・・(@_@;)

帰りに寄った、中央構造線の断面が見られるスポット。

美和ダムのほとり、野球場のすぐ裏手にあるのですが、

この場所でももちろん手の平を向けてみました!

さてどうなんでしょうか??

 

 

DSC_0302ここもすごいぞ!指先がチリチリします!!

これはいったい何事なんでしょうか?

こういう地層が現しになっている場所を「露頭(ろとう)」というんですね~。

断層を起こしている場所なので、岩盤にものすごい圧力がかかっている場所なのかな?

この日の夕方から翌日まで、ものすごい体調が良かったのは気のせいなんでしょうか?

湯治ならぬ岩治(ガンジ?)が本当にできるのかもしれない。

 


コメントは停止中です。