| 株式会社Reborn(リボーン)

中野市断熱改修~床

テニスボールから離れられません。

運転中も、製図中も、熟考中も背中でゴロゴロしています。

これはかなりいいぞ

そう感じています。みなさんもぜひ!

Exif_JPEG_PICTUREさて、中野市で実施している「部分断熱改修リフレ工事」。

2間続きの和室を1つのひろ~い、そして暖かいリビングへと”リ・ボーン”させようというもの。

柱があらわしになっている、いわゆる真壁造(しんかべぞう)の内壁は解体することなく床と壁を中心に断熱を行っています。

壁にはもともと袋入りのグラスウール50㎜厚が入っているので、気流止めを行って復活させようとしています。

 

Exif_JPEG_PICTURE床には高性能グラスウールを50㎜&90㎜の14cm入れました。

防湿シートを粗床合板を貼る前に貼っています。

柱まわりや壁際は気密テープやら発泡ウレタンやらで徹底的にやっちゃいます。

今回の工事はあくまで部分的となりますが、

「うわ~、こんなにあったかくなるんだ~( ^)o(^ )」

「それじゃ、こっちもやっちまおうぜ」

を密かに狙っています(笑)

 

Exif_JPEG_PICTURE壁の中に床下の冷たい空気が入らないようにすることが、

この場合とても重要です。

気流止めはありとあらゆる方法があります。

ケースバイケースです。

床を先につくって、そのうえに壁を立てる、=ツーバイフォー工法は気流止めを工程的に必然的に行うので、

こうした壁の下部のカビは発生しにくい。

木造在来工法は壁を先につくるので、気流止めが必然的に行われにくいのであります。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE「床と天井を主に断熱する」工事だといいました。

しかしこの部屋の場合、最も熱が逃げていたのが窓です。

窓ファースト

断熱改修のいのいちばんは窓を樹脂窓&LOW-Eペアガラスに。

予算が許せばトリプル(3重)ガラスに。

サッシを付け替える作業で、壁の一部をカット。

復旧は木枠で。耐力壁も新設しました。

 

IMG_7201壁には耐震で構造用合板をべたべた張りました。

これが気密性を高めるのに役立ちます。

コンセント廻りからも風が出てこないよう、新築時に用いる

「気密コンセントボックス」を使用。

合板は湿気をほとんど通しませんので、気密シートがわりにもなってしまいます。

一挙両得!合板気密工法!!

まさに才色兼備(*‘∀‘)

耐震と気密性

 

IMG_7202ダウンライトがくるところに、

スタイロフォーム断熱材の端切れでつくった箱をつくり備え付けました。

これではさっぱり分からないと思うのですが、

ダウンライトからもけっこう空気が抜けていることがあるんです!

発泡スチロール的な断熱材は、なんといっても石油ですから高いですよね~。

現場に備え付けのゴミ箱にそれとなく捨てられていると、すかさず漁ります。

まあ、20cm角以上のものだけですがね(笑)

 

IMG_7205工事が始まって約2週間。

マラソンでいうと20km地点といったところか。

この居間ゾーンがだいたいナカラになったら、

浴室・洗面脱衣・トイレの水廻り三点セットゾーンへと突入してゆきます。

飼い犬のMクンは、相変わらず2階で吠えています。

 

2018.2.24 Reborn塩原

 

2Fホール⇒子供室×2へ

IMG_7067皆既月食が話題となっていますが、

田んぼの残雪がさらにあたりを明るくします。

毎晩寒い日が続いていますが、あさっては節分。

来週から暦の上では春となります^^

インフルエンザで学級閉鎖も起きていると聞きます。

気を引き締めて、週末の見学会に向かうとしましょう。

 

IMG_7066先日実家に帰省した際に母親からテニスボールをもらいました。

背もたれとの間に入れて、運転中はつねにセルフツボサービスを行っています。

「これが、うんと効くだ」と、母に勧められました^^

これがかなりいい。

この圧力は、人がやるそれに近い感じです(*‘∀‘)

運転しながらだと、多少の振動があるため、なおいい。

雪かきでパンパンになった背中が蘇りますよ。

 

 

しょうらいさて、今日は子供部屋について。

流行っているんでしょうか?

最近のプランは、2階に子供部屋を配置することがほぼ100%なのですが、

「将来仕切れるように」

という条件があるものの、ほとんどのお施主さんから、

「子供室1と子供室2を当面ひろく一体に使えるように」というリクエストをいただきます。

部屋の形は8割の方が{4畳半+収納}×2。

最近では「子供部屋は6帖+収納」と言い切るお客さんが少なくなっています。

「そのかわり寝室は8帖、あわよくば10帖ほしい」というリクエストも。

子供はいずれ出てゆくもの、という心理&現実がそうさせていると思います。

 

DSC_0109先日も10年前に建てたOBの方より、

「子供が中学にあがるので、そろそろ・・・」お声がけいただきました。

おじさん的には、

10年前は2歳でよちよち歩きだった○○ちゃんが、

こんなに大きくなるなんて(*_*) びっくりです!

3.64m×3.185mの7帖のスペースをどう仕切るか?

単に中央で仕切って、3.5帖ずつとするのが基本ですが、

布団とすでに購入済みの学習机W=1.1mをどうレイアウトするか?

 

image1実際に置いてみて、養生テープで仕切り壁の位置を検討。

・空中ベッド案

・夫婦寝室と交換する案

・吹抜けを床にしちゃう案

・布団のみの寝るだけ部屋案

etc.

いろいろな角度から検討いたしました。

 

検討ふたりで7帖、

収納はあまりとれませんが、なんとかなりました^^

8帖あればもっといろいろなバリエーションになると思います。

そして・・・気になるお値段は?

今回は引戸が2セット。ホールとの仕切りはパイン羽目板両面貼りとし、

子供室同士の仕切りは簡易的=シナランバーコア合板によるパーテーションに。

棚板少々つけまして、税抜き約30万円です!

この場合坪単価というモノサシはまったくもって意味がないとは思うのですが、¥86,000/坪、という結果になりました。

それでも、子供が小学生の間は個室を持たせたくない、

そういう心理はよくわかります^^

我が家もそうでしたから!

塩原邸の写真 285新築当時、

写真右の次女は2歳。

あのときは「遠いいつか」

だったのですが、

ほんと、

あっというま!

ですね^^

 

 

IMG_4091今年4月から中学生に。

塩原のプライベートはこれまで謎とされていましたが(笑)、

たまにはこういう写真も載せないと、家庭崩壊してんじゃないかとか、さかた君(社長!)に言われちゃいますから!

彼女のお小遣いは、わたしへの”背中乗り”が原資ですからね(笑)

今度、テニスボールを入手しましたから、確実に減ると思うわけです。

 

2018.2.1 Reborn 塩原(ナゾガスコシズツトケルッテタノシイネ!)